Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『ワンダー・ドッグ』 竹内真 (新潮社)
評価:
竹内 真
新潮社
¥ 1,470
(2008-01)
こちらをご覧ください。
posted by: トラキチ | 竹内真 | 20:22 | - | - |-
『自転車少年記』 竹内真 (新潮社)
評価:
竹内 真
新潮社
¥ 1,995
(2004-05-25)
(2004/07/12)
誰しも子供のときに自転車に乗れた時の感動ってひとしおである。

大人になってみて、それは親子の一大イベントということがわかる。
自分の子供が自転車に乗れた時って、ひとりで歩けるようになった時に次いで二番目の大きな成長の節目とも言えそうだ。

本作は昇平という4歳の男の子が自転車に乗ってというか練習中に坂道を下って止まりきれずに同じ年の草太の家に突入し、そこから永遠の友情で結ばれる二人の少年(始めは四歳だが)の成長記である。

物語は4歳から30歳ぐらいまでを描いている。
主役二人以外の脇を固める人たち(伸男・奏・朝美など)も自分の進むべき道を歩んでいる。

この物語に出てくる人物って“ピュアなハートの持ち主”ばかりである。

とりわけ奏の存在って読者に強烈に潔い生き方を提起してくれた。
ラストで八海ラリーに突如参加するシーンでのセリフが脳裡に焼き付いて離れない。

付き合ってるとか結婚するとか、そういうことだけが答えじゃないと思うよ
続きを読む >>
posted by: トラキチ | 竹内真 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-