Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
レベッカ・ブラウン (1956〜) ≪アメリカ≫


第7回はレベッカ・ブラウン。

例によって新潮社のHPより略歴を引用させていただきますね。

“1956年、アメリカ生れ。シアトル在住。『体の贈り物』でラムダ文学賞、ボストン書評家賞、太平洋岸北西地区書店連合賞を受賞。現代英米小説アンソロジー『夜の姉妹団』『むずかしい愛』などで短編が紹介され、著書に『私たちがやったこと』『家庭の医学』『若かった日々』『犬たち』などがある。”(新潮社HPより)

柴田元幸と言えば、まずポール・オースター、そしてミルハウザーかブラウンなのでしょうね。
ブラウン(女性作家です)がオースターやミルハウザーと違うところは、前者2名は世界的に有名な作家ですが、ブラウンは日本での知名度が先行した作家、いわば“柴田元幸が発掘し翻訳した結果により売れた作家”と言えるのでしょうね。
少し読んでみたのですが、自伝的要素が強いそして幻想的な短篇集が多いみたいです。

著作リストは新潮文庫『若かった日々』の訳者あとがきを参考として作成させて頂きます。

≪レベッカ・ブラウン著作リスト≫
(年度は発表年度、未訳含む、アンソロジー除く)

The Evolution of Darkness (1984) 短篇集
The Haunted House (1986) 長篇
The Children's Crusade (1989) 長篇
The Terrible Girls (1990) 短篇集
Annie Oakley's Girls (1993) 短篇集 『私たちがやったこと』 新潮文庫 柴田元幸訳
The Gifts of the Body (1994) 連作短篇集 『体の贈り物』 新潮文庫 柴田元幸訳
What Keeps Me Here (1996) 短篇集
The Dogs (1998) 幻想寓話集 『犬たち』 マガジンハウス
Excerpts from a Family Medical Dictionary (2001) ノンフィクション 『家庭の医学』 朝日文庫 柴田元幸訳
The End of Youth (2003) 『若かった日々』 新潮文庫 柴田元幸訳
Woman in Ill-Fitting Wig (2005)(Images by Nancy Kiefer) 小品集
The Last Time I Saw You (2006) 短篇集
American Romances (2009) エッセイ集

そうそう、去年出た柴田元幸編『昨日のように遠い日 少女少年小説選』での「パン」も素敵な短篇でした。
posted by: トラキチ | 現代海外作家ナビ | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ジャネット・ウィンターソン(1959〜) ≪イギリス≫
予定を変更して、第6回はジャネット・ウィンターソン、現在嵌まっております(笑)

1959年マンチェスター生まれのウィンターソンは、オックスフォード大学で英文学を学んだ後、1985年自伝的小説『オレンジだけが果物じゃない』でデビュー、同作がコスタ賞を受賞、のちに自身の脚本でテレビドラマ化される。

作品の特徴としてはフィジカリティ(身体性)とイマジネーション、ジェンダーの両極性、性的アイデンティティの境界に踏み込んだものが多く読者の脳裏に焼きつくような強烈な個性を持った作品が多い。
(ウィキを参考に作成)

邦訳されているもので、現在入手出来る作品はあんまり多くないですが、岸本佐知子さんの訳された作品3作(『オレンジ〜』、『さくらんぼ〜』、『灯台守の話』)は読破したいと思っています。

≪ジャネット・ウィンターソン著作リスト≫ 
(年度は発表年度、未訳作品含む★が入手可能。)

★『オレンジだけが果物じゃない』(Oranges Are Not the Only Fruit, 1985) 岸本佐知子訳(国書刊行会) ≪既読≫☆ Boating for Beginners(1985)
☆ Fit For The Future: The Guide for Women Who Want to Live Well(1986)
☆ ヴェネツィア幻視行(The Passion, 1987) 藤井かよ訳(早川書房) <絶版>
★『さくらんぼの性は』(Sexing the Cherry, 1989) 岸本佐知子訳(白水Uブックス) ≪読書中4/2≫
☆『恋をする躰』(Written on the Body, 1992) 野中柊訳(講談社)<絶版>
☆ Art & Lies: A Piece for Three Voices and a Bawd(1994)
☆ Great Moments in Aviation: the script(1995)
☆ Art Objects(1995)
☆ Gut Symmetries(1997)
☆ The World and Other Places(1998)
★『パワー・ブック』(The Powerbook, 2000) 平林美都子訳 (英宝社)
☆ The King of Capri(2003)
★『灯台守の話』(Lighthousekeeping, 2004) 岸本佐知子訳(白水社)
★『永遠を背負う男』 (Weight, 2005) 小川高義訳(角川書店)
★『タングルレック』(Tanglewreck, 2006) 瓜生知寿子訳 (小学館) <児童書>
☆ The Stone Gods(2007)


次回はスティーヴン・ミルハウザーの予定。
posted by: トラキチ | 現代海外作家ナビ | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ポール・オースター (1947〜) ≪アメリカ≫


久々の更新です。第5回はポール・オースター。
新潮社のHPからHPから略歴を引用させていただきますね。

“1947年生れ。コロンビア大学卒業後、数年間各国を放浪する。1970年代は主として詩や評論、翻訳に創作意欲を注いできたが、1985年から1986年にかけて、『シティ・オヴ・グラス』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』の、いわゆる「ニューヨーク三部作」を発表し、一躍現代アメリカ文学の旗手として脚光を浴びた。他の作品に『ムーン・パレス』『偶然の音楽』『リヴァイアサン』『ティンブクトゥ』『幻影の書』などがある。”(新潮社HPより)

≪ポール・オースター著作リスト≫ 
(年度は発表年度、未訳作品含む)
★小説
The Invention of Solitude (1982) 『孤独の発明』新潮文庫 柴田元幸訳
City of Glass (1985) 『ガラスの街』新潮社 柴田元幸訳/ 『シティ・オヴ・グラス』角川文庫( ≪既読≫
Ghosts (1986) 『幽霊たち』新潮文庫 柴田元幸訳
The Locked Room (1986) 『鍵のかかった部屋』 白水uブックス 柴田元幸訳 ≪既読≫In The Country of Last Things (1987) 『最後の物たちの国で』 白水uブックス 柴田元幸訳
Moon Palace (1989) 『ムーン・パレス』新潮文庫 柴田元幸訳
The Music of Chance (1990) 『偶然の音楽』 新潮文庫 柴田元幸訳
Leviathan (1992) 『リヴァイアサン』 新潮文庫 柴田元幸訳
Mr. Vertigo (1994) 『ミスター・ヴァーティゴ』 新潮文庫 柴田元幸訳
Timbuktu (1999) 『ティンブクトゥ』 新潮社 柴田元幸訳
The Book of Illusions (2002) 『幻影の書』 新潮社 柴田元幸訳
The Oracle Night (2003)
The Brooklyn Follies (2005)
Travels in the Scriptorium (2007)
Man in the Dark (2008)
Invisible (2009)

★エッセイ
The Art of Hunger (1982) 『空腹の技法』 新潮文庫(絶版)
『トゥルー・ストーリーズ』 (2004) 新潮文庫 柴田元幸訳 (日本独自編集)

★その他
True Tales of American Life (2001)『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』(,供某慶文庫 柴田元幸訳
The Story of My Typewiter (2002) 『わがタイプライターの物語』新潮社 柴田元幸訳

★映画
Smoke/Blue in the Face (1995)『スモーク/ブルー・イン・ザ・フェイス』新潮文庫 (絶版)
Lulu on the Bridge (1998) 『ルル・オン・ザ・ブリッジ』新潮文庫 (絶版)

何といってもほとんどが柴田元幸訳で読めるのが嬉しいですね。
個人的にニューヨーク三部作から入ったのが良かったのか悪かったのかよくわかりませんが、今読んでいる代表作『ムーンパレス』は素敵です。
作品の特徴として、アイデンティティや生きる意味を問う作品が主体のようですが、個人的には生きる意味を問う作品の方がストーリーの広がりを感じ取ることが出来楽しめそうな気がします。
全体的に会話部分が少なくて、モノローグ部分がとっても多くて内省的なので訳者の力がかなり左右されると思います。
未訳の作品もあり、柴田訳だということも含めてこれから読み進めるのがとっても楽しみですね。


次回はスティーヴン・ミルハウザーの予定。
posted by: トラキチ | 現代海外作家ナビ | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
J・D・サリンジャー (1919〜) ≪アメリカ≫
J.D.サリンジャー
ヴィレッジブックス
¥ 1,680
(2009-03-21)
第4回はJ・D・サリンジャー。
ウィキはこちら
世界の文豪ナビのカテゴリーか迷ったのですが、一応現存していらっしゃるかどうかで分けています。90歳ですね。
新潮社のHPから略歴を引用させていただきます。
“1919年ニューヨーク生れ。ユダヤ人作家。マンハッタンの有名高校を一年で退学後、陸軍学校(ミリタリー・アカデミー)を卒業。1940年短編「若者たち」を発表、第二次大戦従軍中の軍務の合間にも短編を執筆。1951年『ライ麦畑でつかまえて』で一躍脚光を浴び、1953年自選短編集『ナイン・ストーリーズ』刊行後隠遁。『フラニー』に始まるグラース家の物語の5作目『ハプワース16,1924』を1965年に発表後、完全に沈黙している。”(新潮社HPより)

≪J・D・サリンジャー著作リスト≫ 
(現在入手できる作品のみアップ◎は既読、年度は発表年度)

◎『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye, 1951年)
野崎孝訳 新潮文庫、村上春樹訳 白水社(村上訳はタイトル名『キャッチャー・イン・ザ・ライ』)
 『ナイン・ストーリーズ』(Nine Stories, 1953年)野崎孝訳 新潮文庫、柴田元幸訳 ヴィレッジブックス、中川敏訳 集英社文庫(タイトル名は『九つの物語』)
 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey, 1961年)野崎孝訳 新潮文庫
 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ シーモアー序章ー』(Raise High the Roof Beam, Carpenters, and Seymour: An Introduction Stories , 1963年)野崎孝・井上謙治訳 新潮文庫

現在はアメリカ東部の田舎に隠遁して40年以上作品発表がない。
村上春樹が『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の訳者あとがきを許可されなかったことも有名な話であって、なおかつ映像化も認めていないみたいですね。
人物的に謎に包まれている所がひとつの魅力となっているといってもいいだろう。

私の既読は若い時に読んであんまり感動しなかった『ライ麦畑でつかまえて』。
野崎訳あんまり合わなかったみたいですね(笑)
とりあえず新訳ブームのパイオニア的存在である『ライ麦畑でつかまえて』の村上春樹訳(『キャッチャー・イン・ザ・ライ』)と最近刊行された柴田元幸訳の『ナイン・ストーリーズ』は押さえたいですね。

あと村上さんと柴田さん共著の『サリンジャー戦記 翻訳夜話2』(文春新書)なんかも面白そうですね。

次回(第5回)はポール・オースターの予定。



posted by: トラキチ | 現代海外作家ナビ | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ジョン・アーヴィング (1942〜) ≪アメリカ≫
ジョン アーヴィング
新潮社
¥ 2,310
(2002-07)
第3回はジョン・アーヴィング。新潮社のHPから略歴を引用させていただきますね。

“1942年アメリカ、ニューハンプシャー州生れ。ニューハンプシャー大学を卒業後、レスリングのためにピッツバーグ大学に通学、その後ウィーン大学に留学、ヨーロッパをオートバイで放浪する。帰国後アイオワ大学創作科でヴォネガットの指導を受けた。後にはレイモンド・カーヴァーとともに後進の指導にあたる。1968年『熊を放つ』でデビュー、1978年『ガープの世界』を発表し世界的なベストセラーとなった。他の主な著書に『ホテル・ニューハンプシャー』『サイダーハウス・ルール』などがある。現代アメリカ文学の旗手と称される。”(新潮社HPより)

≪ジョン・アーヴィング著作リスト≫ 
(年度は発表年度、◎印は現在入手できる作品)
【長編】
◎『熊を放つ』[上下巻](Setting Free the Bears、1968年)村上春樹訳 中央公論新書
 『ウォーターメソッドマン』[上下巻](The Water-Method Man、1972年)柴田元幸・岸本佐知子訳 新潮文庫 《絶版》
 『158ポンドの結婚』(The 158-Pound Marriage、1974年)斎藤数衛訳 新潮文庫《絶版》
◎『ガープの世界』[上下巻](The World According to Garp、1978年)筒井正明訳 新潮文庫
◎『ホテル・ニューハンプシャー』[上下巻](The Hotel New Hampshire、1981年)中野圭二訳 新潮文庫
 『サイダーハウス・ルール』[上下巻](The Cider House Rules、1985年)真野明裕訳 文春文庫《絶版》
 『オウエンのために祈りを』[上下巻](A Prayer for Owen Meany、1989年)中野圭二訳 新潮文庫《絶版》
◎『サーカスの息子』[上下巻](A Son of the Circus、1994年)岸本佐知子訳 新潮文庫
 『未亡人の一年』[上下巻](A Widow for One Year、1998年)都甲幸治・中川千帆訳 新潮文庫《絶版》
◎『第四の手』(The Fourth Hand、2001年)小川高義訳 新潮社
書評はこちら
◎『また会う日まで』[上下巻]("Until I Find You"、2005年)小川高義訳 新潮社
対談はこちら
【短編&エッセイ集】
◎『ピギー・スニードを救う話】(Trying to Save Piggy Sneed、1993年)小川高義訳 新潮文庫

≪映画化された作品≫
☆ガープの世界 (1982)
☆ホテル・ニューハンプシャー (1984)
☆サイモン・バーチ (1998) 原作:『オウエンのために祈りを』
☆サイダーハウス・ルール (1999)  
☆ドア・イン・ザ・フロア(2004) 原作:『未亡人の一年』

「20世紀のディケンズ」と呼ばれてるみたいですね。
映画から入るのも面白いかもね。
それにしても絶版本が多いですね、驚きました。
実は学生時代、どの作品だったか忘れましたが授業で取り上げたことがあるのですが、あんまり熱心な学生じゃなかったので忘れちゃいました(笑)
『ガープの世界』か短編だったか本当に忘れました。
読んだのは読んだのですが印象は薄いですね。
現役作家にはあんまり興味なかったというのが本音です。
でも訳本あったのかな。
嬉しいことに最近の2作品は小川高義さんの訳なので興味がそそられます。
でもどの作品も長いですね(笑)
『ガープの世界』をオススメいただいてるのでそこから入る予定です。
ちょっと先になりますが・・・

最後にファンサイトのアドレスを記します。
結構詳しくかつわかりやすいです。
“J・アーヴィングによると世界は。”

次回はサリンジャーの予定。
posted by: トラキチ | 現代海外作家ナビ | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
カズオ・イシグロ (1954〜) ≪イギリス≫
さて第2回はカズオ・イシグロです。『日の名残り』を現在進行形で読んでます(笑)
ひとことで言えば味わい深い作品を書く作家と言えるのでしょう。
著者紹介は引用させていただきますね。

“1954年11月8日長崎生まれ。1960年、5歳のとき、家族とともに渡英。以降、日本とイギリスの2つの文化を背景にして育つ。ケント大学で英文学を、イースト・アングリア大学大学院で創作を学ぶ。1982年の長篇デビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年に発表した『浮世の画家』でウィットブレッド賞を受賞した。1989年には長篇第三作『日の名残り』でブッカー賞に輝き、1995年に第四作『充たされざる者』、2000年に第五作『わたしたちが孤児だったころ』を次々と発表。2005年の第六長篇『わたしを離さないで』は世界的ベストセラーとなっている。”(ハヤカワepi文庫著者紹介より引用)

≪カズオ・イシグロ著作リスト≫ 
(年度は発表年度、◎印は現在入手できる作品)
◎『遠い山なみの光』(1982) ハヤカワepi文庫 小野寺健訳
◎『浮世の画家』(1986) ハヤカワepi文庫 飛田茂雄訳
『日の名残り』(1989) ハヤカワepi文庫 土屋政雄訳 <既読>
◎『充たされざる者』(1995)ハヤカワepi文庫 古賀林 幸訳
◎『わたしたちが孤児だったころ』(2000) ハヤカワepi文庫 入江真佐子訳
◎『わたしを離さないで』(2005) ハヤカワepi文庫 土屋政雄訳

意外なのは訳者が統一されてないところ。
全部土屋さんばかりかなと思ってました。
でもすべて現在はハヤカワepi文庫で読めるところがいいですね。
是非コンプリートしたいと思ってます。

次回はジョン・アーヴィングの予定。

posted by: トラキチ | 現代海外作家ナビ | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-
イアン・マキューアン (1948〜) ≪イギリス≫
現代海外作家のナビをその入手できる作品リストを中心に記していきたいと思います。
まず第1回はイアン・マキューアン。実は今初めて『土曜日』を読み始めたところである(笑)

イアン・マキューアンは1948年生まれのイギリス人作家で、現在までに新潮クレスト・ブックスにて3冊刊行されている(うち1冊は絶版)。
1998年『アムステルダム』でブッカー賞を受賞。
代表作は『贖罪』になるのであろう。主な映画化作品として『Jの悲劇』(『愛の続き』)、『つぐない』(『贖罪』)がある。

≪イアン・マキューアン著作リスト≫ 
(年度は発表年度、◎印は現在入手できる作品)
 『最初の恋、最後の儀式』 First Love, Last Rites (1975) 短編集 サマセット・モーム賞受賞
 『セメント・ガーデン』The Cement Garden (1978)
 『ベッドのなかで』 In Between the Sheets (1978) 短編集
 『異邦人たちの慰め』 The Comfort of Strangers (1981)
 『時間のなかの子供』The Child in Time (1987) フェミナ賞外国小説部門受賞
 『イノセント』The Innocent (1989) 金工作が題材となった作品
◎『黒い犬』Black Dogs (1992)<早川書房 宮脇孝雄訳>
◎『夢みるピーターの七つの冒険』The Daydreamer (1994)<中公文庫 真野泰訳> 児童書
 『愛の続き』Enduring Love (1997) <新潮クレスト・ブックス、新潮文庫共に絶版>
◎『アムステルダム』Amsterdam (1998)<新潮文庫 小山太一訳> ブッカー賞受賞
◎『贖罪』Atonement (2001)<新潮文庫(上・下)小山太一訳>
◎『土曜日』Saturday (2005)<新潮クレスト・ブックス 小山太一訳>

第2回はカズオ・イシグロの予定。
posted by: トラキチ | 現代海外作家ナビ | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-