Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『潮騒』 三島由紀夫 (新潮文庫) 1954年
評価:
三島 由紀夫
新潮社
¥ 420
(1955-12)

<品格のある恋愛小説に飢えているあなたには格好の一冊。昭和を代表する作品であるが良いものはずっと受け継いでいきたいですよね。>

三島由紀夫の決して良い読者ではない私であるが、数十年ぶりに本作を手に取って初めて手にした時よりも感動が沁み渡っているのは、やはり作者が後世に名を残す作品をその高い才能でもって書き上げた他にならない。

かつて山口百恵・三浦智和のゴールデンコンビで映画化されたのが34年前にもなる。

閉塞的な環境によって育まれる若い二人の純愛。
胸が締め付けられますよね。
とりわけ映画でも話題となったあのシーン。
言葉で読んで頭の中で映像を回顧してしまいますわ。

これは日本文学に残る名作であって、現在問われつつある“品格のある”小説ですね。

“歌島は人口千四百、周囲一里に充たない小島である。”
有名な書き出しで始まる本作、読まれた方は多いと思います。
話の内容自体は凄くベタな展開であると思われます。
すべてが予定調和で終わってしまいますよね。
逆にそこが心地よく読めるところです。

三島由紀夫のことはあんまり詳しくないのですが、この作品の新治のナイーブさなんかを見ていると、やはり大正末期生まれの三島の過ごした少年・青年時代の日本の国の栄枯盛衰がデリケートに表れているように思われるのである。
そして初江、男性読者にとってはやはり理想的な女性ですよね、とっても眩しいです。
続きを読む >>
posted by: トラキチ | 日本文学(名作) | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-