Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『街の灯』 北村薫 (文春文庫)
評価:
北村 薫
文藝春秋
¥ 500
(2006-05)

 <ベッキーさんシリーズの第一作。細部まで行き届いた緻密な構成の日常ミステリーを満喫できます。英子とベッキーさん、どちらが探偵訳かあるいはワトソン役か微妙なところが2人の魅力をより際立たせています。>


北村さんの決して良い読者とは言えない私であるが、好きなシリーズを述べよと言われれば間違いなく『スキップ』『ターン』『リセット』の「時と人シリーズ」をあげます。
心が澄みわたるような気持にさせてくれる作品群であり、ジャンルとしたら文芸作品と言えるのでしょう。


そしてミステリーシリーズものとしては次の3シリーズがあります。
『円紫シリーズ』、『覆面作家シリーズ』、そして本作を含む『ベッキーさんシリーズ』。
先日直木賞を受賞した『鷺と雪』は北村薫のベッキーさんシリーズの第三作にあたります。
そして今回手に取った第一作にあたる本作『街の灯』、当初単行本が出たのが6年前になります。
そう言えばこの作品は単行本発売当時は“本格ミステリーマスターズ”から出たのですね。


さて本作、歴史の勉強だけでなく雑学が身につくという感じの作品ですね。


舞台は昭和初期の東京の上流階級の世界。

ヒロインは「わたし」こと花村英子で某財閥系列の商事会社社長令嬢で14歳ぐらい。
そしてそのお抱えの運転手として花村家にやっててきたベッキーさんこと別宮(べっく)みつ子。
ベッキーさんの登場からこの物語は始まります。


この物語はいわば二段構えとなっていて、そこが読者をひきつけるのだと思えます。
まず各編それぞれの細部まで行き届いた緻密な構成のミステリー仕立て。
そして何よりもミステリアスなのはベッキーさんが、なぜ運転手となったかですね。
読者は後者に関する興味を持ちながらめくるページを止めることができません。

続きを読む >>
posted by: トラキチ | 北村薫 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) |-