Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『明日の食卓』 椰月美智子 (角川書店)
初出「野生時代」。作者の魅力が十分に詰まった衝撃的な問題作だと感じる。昨今、国内外問わずにいろんな問題が起こっていて、平和というものについて一考せざるをえない状況であるが、本作を読むと平和と狂気は紙一重のものであると感じる。
女性にとって、子供というものの存在の大切さ・愛おしさを実生活で体験し、又これまでの作品で表現してきた作者の集大成的な本作はミステリーテイストも盛り込まれていて、最後にはハッとさせられる傑作である。

物語はまず冒頭でプロローグ的に描かれる母親が“ユウ”という男の子を殺めようとするシーンがあり、その後本編に入り3つの石橋家が交互に描かれている。共通するのは子供が小学三年生で“ユウ”という名前であるということ。家族構成や経済状況がそれぞれ違っているところが特徴であるけれど、一生懸命に生きていてそれなりに幸せであるというところが共通していて、読者としてはこのあとどう崩れてゆくのであろうか、どの家族が冒頭のシーンの家族であろうかと捲るページが止まりません。

どの石橋家の母親たちも、子供に対する愛情は並外れたものがあり、共感及び応援を強いられる読書なのだけれど、次第に崩れてゆく姿は目を背けたくなるほど苦しく、裏を返せば常に現実を直視している作者の想いが文章に乗り移って届けてくれているような気がする。印象的なのはフリーカメラマンをしている豊という名の駄目な父親、彼の子供に対する愛情の希薄さは滑稽さを通り越して、作者が世の子供を持つ男性に襟を正すように訴えかけているよにも感じる。
本作は前述したように冒頭の1ページのシーンがどの家族であるのかということが常に頭の中にあり、そのいわば謎解き要素が読者にとって目の離せない読書体験が楽しめる。いじめや認知症の問題にも言及していてとってもリアルであり、小学生のお子さんがいらっしゃる方が読まれたら、自分自身が3家族の中のどの石橋家に近いのかということを照らし合わせて読むことを余儀なくされるのであろう。私が感じるのはあくまでも3つの家族はモデルであって、作者は4つ目のモデルは読者自身の家庭なのかもしれませんと訴えかけているとも取れます。是非夫婦や友達同志で読みあって語り合って欲しいなと作者は願っているのでしょう。

作者はタイトル名にもなっている“明日の食卓”という言葉のように、世知辛い世の中だけれど常に幸せを模索して生きて行こうと私たちの代弁をしてくれているのでしょう。本作はとにかく心に響く物語であった。この夏素晴らしい本に出合えたことを嬉しく思います。

評価9点。
posted by: トラキチ | 椰月美智子 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
『その青の、その先の、』 椰月美智子 (幻冬舎)
評価:
椰月 美智子
幻冬舎
¥ 1,470
(2013-08-22)

書き下ろし作品。青春ど真ん中の直球作品であり、『しずかな日々』を超えたと言っても過言ではない椰月さんの新たな代表作の誕生だと感じます。
17歳の高校二年生まひるを主人公に据え、彼女を含む4人の友達の友情と亮司との恋愛模様を瑞々しく時には熱く描いています。
まひろの母親の対照的な“打算”めいた言動も目立ちますが、全体的に凄く純度の高い読み応えのある小説だと言えそうです。
終盤に悲しい事件が起こりますが、決して夢を諦めずに立ち向かっていく姿が読者の脳裏に焼き付いて離れずに本を閉じることが出来、大多数の読者は“夢”を持つことの大切さと、若いって素晴らしいと思うことでしょう。
まひると亮司の未来を案じて本を閉じた読者は有意義な読書を堪能しとことの証だと確信しています。

彼氏である亮司の夢である落語家になることが、作品においては大きなモチーフになっているのですが、随所に落語が散りばめられていて読者にとっても印象的で心地良いことも伝えておきたい。
青春を過ぎ去った読者も、読んでいる数時間は必ず青春に浸り、登場人物に共感出来る作品です。2人がお互いの人生悔いのないように生きていく姿が微笑ましくもありました。
主人公の年齢に近い人の方が共感出来るのは間違いないですが、離れている人の方がより懐かしく感じられることであろう。青春小説の名作の誕生を心から祝したいと思う。

評価10点。
posted by: トラキチ | 椰月美智子 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-
bk1から届きました。




オンライン書店bk1にてポイントプレゼントがあったので、応援している椰月美智子さんの文庫本で代表作『しずかな日々』5冊購入しました。4冊は身近な知り合いにプレゼント予定でいます。
この作品は野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞をダブル受賞しています。

帯の北上次郎さんの言葉が印象的です。

“読み始めてすぐ、これはただごとではないと思った。 自分はいま傑作を読んでいるのだ、という強い確信を抱いたのである。”



椰月さんの著作リストを記しますね。
実は私も3冊しか読んでません、頑張ってコンプリートしたいです。
未読の方は『しずかな日々』が良いと思います。
ハイ、傑作です!

『純愛モラトリアム』講談社 (2010/11)
『恋愛小説』講談社 (2010/11)
『市立第二中学校2年C組』講談社 (2010/08)
『ダリアの笑顔』光文社 (2010/07)
『フリン』角川書店 (2010/05)
『坂道の向こうにある海』講談社 (2009/11)
『ガミガミ女とスーダラ男』筑摩書房 (2009/09)
『るり姉』双葉社 (2009/04)
『枝付き干し葡萄とワイングラス 超短編を含む短編集』 講談社 (2008/10)
『みきわめ検定 超短編を含む短編集』 講談社 (208/10)
『体育座りで、空を見上げて』 幻冬舎 (2008/05) 文庫化(2011/06)
『しずかな日々』 講談社 (2006/10) 文庫化(2010/06)
『未来の息子』 双葉社 (2005/04) 文庫化(2008/02)
『十二歳』 講談社 (2002/04) 文庫化(2007/12)
posted by: トラキチ | 椰月美智子 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
『純愛モラトリアム』 椰月美智子 (祥伝社)
評価:
椰月美智子
祥伝社
¥ 1,575
(2011-03-15)

<不器用なるも面白いキャラクターの登場人物が次々登場する読者を飽きさせないラブストーリー>

初出 “Feel Love”。

8編からなる短編集ですが、それぞれの話の登場人物が次の話に出て来ます。
読む進めるうちに次の話は誰が出てくるのだろうという楽しみも芽生え、そしてテンポがよくって楽しい話にめくるページが止められません。
すべての人が試行錯誤状態なので、これがタイトルの“モラトリアム=猶予期間”という言葉に起因しているのでしょう。
前の話では少し悪人っぽい性格だった人が実はそうではないのですね。
人の心理を上手く描き構成された気軽に読める傑作恋愛小説集だと言えると思います。

椰月さんの作品は本作で3作目なのですが、いずれも作者の能力の高さを証明するかのごとくバラエティに富んだ作品ですね。
一般的には坪田譲二賞を受賞した『しずかな日々』が代表作となるのでしょうが、それ以外の作品も総じてレベルが高く、“あっ、もっと早く読んでおけばよかったな”と思わずにいられません。
続きを読む >>
posted by: トラキチ | 椰月美智子 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
『坂道の向こうにある海』 椰月美智子 (講談社)
評価:
椰月 美智子
講談社
¥ 1,575
(2009-11)

<小田原を舞台とした4人の男女の恋愛物語。
四角関係を描いたストーリーで、通常ならもっとドロドロした感じで描かれようものですが、作者の人柄と言うか世界観が登場人物にも乗り移っている感じで楽しく読めます。作中の人物が成長してゆく姿を微笑ましく感じながら本を閉じれるところが嬉しいですね。読者は否応なしに人を好きになることを根本的に再考させられます。>


初出 小説現代。
私にとって『しずかな日々』に次、2冊目の椰月作品です。

この物語は少し切ないところがいいですね。
登場人物は朝子、梓、正人、卓也の4人の若者で作者の在住している小田原を舞台としています。
全6編から構成されるのですが、主人公(というか語り手)が次々入れ替わっていきそれぞれの気持ちが十分に伝わる点が作者の巧みなところだと思います。

ポイントは容姿的にお似合いだった初めのカップル(美男美女の正人と梓、そして普通の容姿の朝子と卓也)が別れたことでしょうね。
まあ物語が始まったときには新しい恋が始まっているのですが、正人と朝子、そして卓也と梓が付き合ってます。

朝子と卓也はそれぞれが多少なりともコンプレックスを持っているのですね。
その内面を描きながら、そして葛藤しながら今の恋を育んでいく姿が清々しいです。

もちろん味付けも巧く施されてます。
代表的なのは卓也の妹と付き合う村上冬樹や、そして梓の友人の優子。
この2人は4人の主人公たちにはない個性的な役割を演じています。

現実的かどうか言われたら返答に困りますが、その現実的じゃない部分と言うか人間の奥底にある良心と言うか“相手に対するいたわり”の描写に長けてる点が作者の一番の特徴だと思います。
却って村上冬樹や優子の方が現実的というかリアリティのある人物像で描かれているような気がしました。
続きを読む >>
posted by: トラキチ | 椰月美智子 | 12:03 | comments(2) | trackbacks(0) |-
椰月美智子著作リスト。

 

またまたコンプリートしたい注目作家の登場ですね。
昨日感想アップした椰月美智子さんです。
著作数もまだ少なくその気になればすぐに読めそうです。
物腰の柔らかくて心に残る作品を書きはります。
ちなみに今日2冊文庫本買ってきました。
簡単なプロフィールを記しますね。
1970年生まれ。神奈川県在住。2002年、『十二歳』で第42回講談社児童文学新人賞を受賞し、デビュー。2007年『しずかな日々』(講談社)で第45回野間児童文芸賞受賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞。


小説
『るり姉』双葉社 (2009/04)
『枝付き干し葡萄とワイングラス 超短編を含む短編集』 講談社 (2008/10)
『みきわめ検定 超短編を含む短編集』 講談社 (208/10)
『体育座りで、空を見上げて』 幻冬舎 (2008/05)
『しずかな日々』 講談社 (2006/10) <既読>
『未来の息子』 双葉社 (2005/04) 文庫化(2008/02)
『十二歳』 講談社 (2002/04) 文庫化(2007/12)


アンソロジー
『Teen Age』双葉社 (2004/11) 文庫化(2007/11) 短編「イモリのしっぽ」収録。

posted by: トラキチ | 椰月美智子 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-