Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『昭和の犬』 姫野カオルコ (幻冬舎)
評価:
姫野 カオルコ
幻冬舎
¥ 1,680
(2013-09-12)

直木賞受賞作品。主人公であるイクは決して両親の深い愛情を受けて育ってはいないのですが、その時々によって傍らにいる犬たちによって支えられて生きて行きます。
最終章が現代に近くて昭和の匂いがしなくて戦争の影響を受けた両親の話から高齢化社会を迎えている話まで懐古的あり現実的である。そしてあんまり深読み出来なかったのであるが、イクにとっての犬はその時々につきあっていた恋人のような感じであるとも言える。そう彼女の人生に彩りを添えているのです。
誰しも子供の頃にはわからなかったことが、年齢を経ることによって理解することができますよね、本作ではその自分の成長を振り返る過程に常に犬がいます。ほぼ半生記と言える作品でじわっとした感動は再読の機会があればその時まで置いておこうと思います。

某選考委員の言葉ではありませんが、オリンピック周期のように3〜4年毎にノミネートされて来てた姫野氏が5度目で念願が叶いました。
実は姫野作品は代表作と言って良いであろう『ツ、イ、ラ、ク』しか読んでいなくて大それたことは言えないのであるが、本作を読んで決して感慨深い読書とはならなかった、逆に難解な読書であったとも言える。姫野作品をある程度読まれた読者には集大成的かつ自伝的作品として作者または自分自身を主人公のイクに投影して、愛犬や両親との関わり具合を楽しめるのであろう。もっと言えば姫野さんの他の作品の主人公と比較することも出来ますよね。
しかしながら個人的には細切れ感が否めず、主人公と共に一喜一憂しながらページを捲ることが出来ず、やはり『ツ、イ、ラ、ク』ほどインパクトがなかったというのも事実である。事実と言えば、本作も直木賞を受賞しなければ手に取ることがなかったと思うのであるが、姫野氏の他の作品を数冊読んでから再び本作を手に取ったらまた違った感じ方が出来るのであろうか。犬への拘りがない私には姫野ワールドに入り込めず、消化不良だったのは否定できませんが、昭和の匂いを感じさせ、人生を振り返るには格好の作品であるのは評価したいと思います。

評価6点。
posted by: トラキチ | 文学賞 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
本屋大賞2010ノミネート作品発表&大賞予想。
★ 村上春樹 『1Q84』
★ 夏川草介 『神様のカルテ』
★ 三浦しをん 『神去なあなあ日常』
★ 有川浩 『植物図鑑』
★ 東野圭吾 『新参者』
★ 冲方丁 『天地明察』
★ 小川洋子 『猫を抱いて象と泳ぐ』
★ 藤谷治 『船に乗れ!』
★ 川上未映子 『ヘヴン』
★ 吉田修一 『横道世之介』


上記10作品に決まりました。
既読は『1Q84』、『植物図鑑』、『横道世之介』の3冊です。

本屋大賞の設立の趣旨は次のようになります。
商品である本と顧客である読者を最も知る立場にいる書店員が、企業の枠や日常の利益を超えて交流し、広く一般市民に対して本当にお奨めしたい書籍の情報を啓発する手段として本屋大賞を設立しました。”

過去の受賞作品
△2004年度 小川洋子 『博士の愛した数式』
△2005年度 恩田陸 『夜のピクニック』
×2006年度 リリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
◎2007年度 佐藤多佳子 『一瞬の風になれ』
▲2008年度 伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』
×2009年度 湊かなえ 『告白』

年度の前の印(◎、▲、△、×)は私の本屋大賞の趣旨に合ってるかどうかの評価です。
×印の2作は既に大賞受賞前にベストセラーになっている作品であって効果なしですね。
△印は芥川賞作家(小川洋子)、人気作家(恩田さんと伊坂さん)です。伊坂さんの場合は既にベストセラーに近い売り上げがあったと思いますが作品の内容と直木賞辞退を含めて▲としました。
唯一の◎は佐藤さんですね。作品的にも知名度的にも良かったと思います。

そして今年の候補作(というか候補作家)を上記観点から印をつけさせていただくと下記のようになります。
×村上春樹、東野圭吾、小川洋子、有川浩、三浦しをん
△吉田修一、川上未映子
▲夏川草介、藤谷治
◎冲方丁


最後に取りそうな予想としたら△の2名のどちらかだと思います。
トラキチ予想
本命 吉田修一 『横道世之介』
対抗 川上未映子 『ヘヴン』

お二人とも芥川賞作家ですね。

さてどうなることやら。
posted by: トラキチ | 文学賞 | 19:20 | comments(4) | trackbacks(0) |-
第142回直木賞決定。
直木賞は佐々木譲さんと白石一文さんの2名に決定しました。

★佐々木譲 『廃墟に乞う』 文芸春秋 
★白石一文 『ほかならぬ人へ』 祥伝社 


佐々木さんは予想してましたけど、まさか白石さんは予想してませんでした。
2名受賞の場合は佐々木さんと葉室さんの文春コンビだと信じてましたが。

でもよく考えてみれば、白石さんは元文藝春秋の社員ですよね。
ということは史上最大の出来レースだとも言えるかも。

ご存知の方が多いと思いますが、直木賞のノミネート作品は文藝春秋の社員が決めるのですね。
選考委員は選ばれたノミネート作品のみ読んで評価するわけですね。

文春のノミネート作品を決める社員は一体他社の作品をどれぐらい読んでるのでしょうかね。
どうしても自社作品が組みやすい(対戦有利な)作品を選びがちな傾向があります。
それが結果として選考委員の評価にも繋がっているのだろうと思います。
それにしても佐々木さんは山本周五郎賞の第3回受賞者で(約20年前)キャリア約30年です。
超ベテラン作家ですよね。
一方の白石さんも山本周五郎賞昨年受賞されましたよね。

近年は山本周五郎賞→直木賞という順序の方が多いですね。

実は受賞作2作とも来週末ぐらいに読めそうです。

とりあえずお2人様おめでとうございます。
posted by: トラキチ | 文学賞 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |-
第142回直木賞直前予想。
ノミネート作品
★葉室麟 『花や散るらん』 文芸春秋 (3回目)
★佐々木譲 『廃墟に乞う』 文芸春秋 (3回目)
★白石一文 『ほかならぬ人へ』 祥伝社 (2回目)
★道尾秀介 『球体の蛇』 角川書店 (3回目)
★池井戸潤 『鉄の骨』 講談社 (2回目)
★辻村深月 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』 講談社 (1回目)

ちょっと大胆かもしれませんが久々に予想してみます。
ちなみに全作品未読です(汗)

ただ以前より直木賞に関しては次のように考えてまして結構当たってます。
古くからおつきあいのある方はご存知かもしれませんが(笑)

その作品の良し悪しは4割程度のことで、その作家の今までの功績1割ぐらいと将来性が5割程度問われる賞である。
ということで直木賞は2〜3回目のノミネートが一番受賞されやすい。


そして直木賞イコールではないがほぼ文春賞なのである。
圧倒的に文藝春秋の作品が有利なのである。


サッカーで例えれば
  文藝春秋作品→ホーム
  その他の出版社の作品→アウェイ


ただ,肋し崩れてきたのも事実。
というのはいわゆる実力があっても直木賞落選常連組だった方がほとんど受賞もしくは辞退したため(前者の例 東野圭吾、後者の例 伊坂幸太郎)、 前回の北村さんのように将来性じゃなくって功績で受賞された方が出てきたのである。

ちなみに過去10回のデータは次のとおりです。

第132回〜第141回までの10回中の受賞作品の出版社別の数字です。

受賞作品合計11作品
文藝春秋   8作品   
新潮社    1作品  
講談社        
幻冬舎    1作品  
角川書店     
PHP研究所   1作品
祥伝社  


今回の本命は葉室麟さんと予想します。
道尾さんと同じく3回連続候補ですね。
時代小説である故のアドバンテージがあるような気がします。
というのは偏見かもしれませんが、本屋大賞で時代小説が選ばれる可能性がほとんどないので、逆に選考委員の目も少し緩やかではないでしょうか。

そして前回の北村さん的な受賞で言えば佐々木譲さんにもチャンスはあるのでしょうか、2番手評価としたいです。

業界のセールス的には辻村さんや道尾さんが取れば面白いのでしょうが、道尾さんは先に山本周五郎賞を取ってから文春の作品で受賞という構図のような気がします。
辻村さんは今回は顔見せ的なノミネートだと思います。

そして未読ですがもっとも直木賞にふさわしそうなのが池井戸さんですね。
前回ノミネートされた『空飛ぶタイヤ』のドラマも素晴らしかったし、もっと脚光を浴びて良い作家だと思います。
期待も込めて3番手の評価としました。

本命 葉室麟
対抗 佐々木譲
大穴 池井戸潤
×  白石一文
×  道尾秀介
×  辻村深月


さてどうなることやら。
posted by: トラキチ | 文学賞 | 19:43 | comments(2) | trackbacks(0) |-