Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
カーリング、明日が正念場。
いよいよ明日が正念場ですね。
現在までの成績表を記します。

1 カナダ    5勝1敗
2 スウェーデン 5勝1敗
3 中国     5勝2敗
4 日本     3勝3敗
5 スイス    3勝3敗
6 イギリス   3勝4敗
6 ドイツ    3勝4敗
8 デンマーク  2勝5敗
8 ロシア    2勝5敗
8 アメリカ   2勝5敗

4位までが準決勝進出ですので現在の3位までの3チームはほぼ確定ですね。
残り1チームを現在3勝の4カ国である日本、スイス、イギリス、ドイツの4チームで争うこととなりますが消化試合の少ない日本とスイスとの明日の直接対決を制した方が圧倒的に有利となります。

日本の残り試合はスイス(世界ランキング3位)、スウェーデン(同2位)、デンマーク(同5位)の3試合。
世界ランキング9位の日本としては1試合も気を抜くことができません。
逆に流れがくれば連勝も可能です、最後のひと踏ん張り観たいですね。

それほど流れが大事なスポーツだということはファンの私たちも知ってます。
流れが向けば世界ランキングの上位下位関係ありませんよね。

体力的にも精神的にもきつくなって来たと思いますがもう後はありません。
1エンドからフルパワーで頑張ってほしいものです。
posted by: トラキチ | カーリング | 20:55 | comments(0) | trackbacks(1) |-
カーリング三昧の日。
本日は2試合あります。
まず第1試合のカナダ戦、凄かったです。
0対6からの劣勢を跳ね返してのエキストラエンド(11エンド)での快勝。
大きな原因は二つですね。

まずはスティールで3点ずつ2回取られた大きな原因は、スキップ目黒選手のプレッシャーから来るイージーミスですね。
逆に後半の目黒選手が正確なショットを取り戻してからの大反撃→そして勝利は凄かったですね。
こんなドキドキハラハラして滑るストーンに釘付けですね。

もうひとつの要因は劣勢の展開で思い切った選手交代を実施したことですね。
ここで現在の基本メンバーと以前のメンバーをおさらいしますね。

現在 石崎→本橋→近江谷→目黒
以前 石崎→山浦→本橋→目黒

カナダ戦の後半 山浦→近江谷→本橋→目黒

なんと石崎選手の代わりにリザーブの山浦選手を今大会初起用。
そしてセカンドとサードの入れ替えですね。

もともと本橋選手は正確なショットに定評があったのですが、どちらかといえばドローショット(置きにいく)よりテイクアウト(はじき出す)ショットの方が得意だったのですね。
近江谷選手の急成長でセカンドに移りそして山浦選手がレギュラーからはずれました。
そして本橋選手は何と言っても前回トリノの経験が生きていますね。
近江谷選手の重荷を少し軽減させてやることで選手全員が緊張感を持ちつつもリラックスして競技できたような気がします。

まさしく“チームカーリング”ですね。
現在3勝2敗、おそらく残り4試合で3勝すれば準決勝に進出出来るでしょう。
2勝だったらタイブレークかもしれませんね。

いずれにしても今日正午(日本時間)から始まるドイツ戦、是非ものにしてほしいです。

それにしても解説の小林さん、熱くてかつわかりやすくていいですね。

選手のみなさんにも熱気が伝わっているんじゃないでしょうか。


posted by: トラキチ | カーリング | 07:40 | comments(0) | trackbacks(1) |-
クリスタル・ジャパン2勝目!
バンクーバーオリンピック、カーリングの日本代表チーム青森は第4戦目のイギリス戦を11対4で制し2勝2敗のタイとしました。
得点差以上に白熱したゲームでした。
相変わらずサードの近江谷選手の精度の低さが目につきましたが、スキップの目黒選手の肝心なところでのスーパーショットが冴えました。

とりわけ6対4のリードで迎えた9エンドのラストストーンのスーパーショットは日本カーリング史に残るショットだったと思います。
生で見れた感動はずっと忘れられないものとなりました。

予選リーグは10チームの総当たりで争われ上位4チームが準決勝に進めます。

順当に行けばカナダ、スゥエーデン、中国の3チームは当確でしょう。
残りのひとつのイスを目指して出来れば残り5試合、最低4勝を目指して頑張ってほしいですね。

流れは日本に向いてきました。
頑張れ、クリスタル・ジャパン!
posted by: トラキチ | カーリング | 15:25 | comments(0) | trackbacks(1) |-
いよいよカーリング開始!バンクーバーオリンピック。
トリノ大会から結構真剣に応援していますチーム青森。
内部事情で選手が代わりましたが見事オリンピック出場を果たしました。

前回はカーリング娘だったけど今回は“クリスタル・ジャパン”ですね。

カーリングは他競技が一瞬で終わるのに比べてじっくりと見れます。
少なくとも予選リーグ9試合ありますので。

現状は決勝トーナメントに進めるベスト4に入る確率はどうなんだろう、客観的に見て3割ぐらいでしょうか。
いずれにしても同じぐらいの実力の国とどう戦うかですね。
初戦のアメリカ戦、是非勝って波に乗ってほしいです。

日程は下記の通りです

17 日本 対 アメリカ
  日本 対 カナダ
19 日本 対 中国
20 日本 対 イギリス
21 日本 対 ロシア
22 日本 対 ドイツ
23 日本 対 スイス
  日本 対 スウェーデン
24 日本 対 デンマーク
posted by: トラキチ | カーリング | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) |-