Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『Waltz for Debby』 Bill Evans Trio
評価:
Bill Evans,Scott LaFaro
Ojc
¥ 515
(1987-01-01)

まさしく歴史に残る名盤と言っても過言ではないのでしょう。実はこの1年間というか10カ月ぐらいのあいだに200回ぐらい聴いてます。
このアルバムを聴いたおかげでソニーのウォークマンを買い、仕事の休憩中もよく聴きました。
そして、率直な感想をひとことで言えば“so romantic”ということですね。
たとえば、自分が若い時に戻れた場合、恋人をこのアルバムを聴きながら口説き落としたい衝動に駆られる名盤です(笑)
はるか昔に青春時代を終えた今となっても、体力は無理ですが気分だけは青春時代に戻れますね。
50年経った今もその素晴らしさは色褪せずというかさらに輝きを増し、リスナーが幸せな気分に浸れること請け合いの名盤ですね。

ビル・エヴァンスと言えば表題曲となっている“WALTZ FOR DEBBY”ですが、私のもっともお気に入りの曲は冒頭の“MY FOOLISH HEART”。
この甘ったるさはたまりません、彼女と一緒にまどろみたくなります(笑)




このアルバムの特徴は次の3点でほぼ表せると思われます。

★ビル・エヴァンスの絶頂期と言われるリバーサイドレーベルの作品である。
 ちなみにリバーサイドレーベルでは4枚のアルバムが出ていますが、本作がもっとも有名ですね。

★それまでの常識を覆した“インタープレイ”を実現している。
  piano・・・BILL EVANS
bass・・・SCOTT LAFARO
drums・・・PAUL MOTIAN
 とりわけベースのSCOTT LAFAROとのコンビはLAFAROの突然の死も助長したのかもしれませんが、今や伝説となっており語り継がれております。
 事実、LAFAROのベースソロも随所に織り込まれており、素晴らしいです。お互いがお互いの良いところを引き出している感じですね。

★ライブ録音であり臨場感がある(ニューヨークのヴァンガード・ヴィレッジです)

収録は全10曲ですが、BONUS TRACKSも入っており実質は7曲ですね。

1 MY FOOLISH HEART
2 WALTZ FOR DEBBY(take2)
3 WALTZ FOR DEBBY(take1)
4 DETOUR AHEAD(take2)
5 DETOUR AHEAD(take1)
6 MY ROMANCE(take1)
7 MY ROMANCE(take2)
8 SOME OTHER YIME
9 MILESTONES
10 PORGY(I LOVE YOU,PORGY)

好きな曲を3曲ほどあげるとちょっとベタですが(笑)
1 MY FOOLISH HEART
2 WALTZ FOR DEBBY(take2)
3 MY ROMANCE(take1)

理想とすれば恋人がいる方は一緒に聴いて人生を語り合い楽しんでください。
それが無理な方は(笑)、コーヒーを飲みながら読書でもしながら聴くというか、聴きながら読書するというか、そう“読書と音楽がインタープレイ”なのですね(笑)

録音が1961年と50年前なのですがデジタルリマスタリングしてあり音質は良好です。
あなたの部屋も是非50年前のニューヨークのライブハウスの熱気で一杯にして、名演奏を堪能して下さい。
posted by: トラキチ | ジャズ名盤 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-