Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
J・D・サリンジャー (1919〜) ≪アメリカ≫
J.D.サリンジャー
ヴィレッジブックス
¥ 1,680
(2009-03-21)
第4回はJ・D・サリンジャー。
ウィキはこちら
世界の文豪ナビのカテゴリーか迷ったのですが、一応現存していらっしゃるかどうかで分けています。90歳ですね。
新潮社のHPから略歴を引用させていただきます。
“1919年ニューヨーク生れ。ユダヤ人作家。マンハッタンの有名高校を一年で退学後、陸軍学校(ミリタリー・アカデミー)を卒業。1940年短編「若者たち」を発表、第二次大戦従軍中の軍務の合間にも短編を執筆。1951年『ライ麦畑でつかまえて』で一躍脚光を浴び、1953年自選短編集『ナイン・ストーリーズ』刊行後隠遁。『フラニー』に始まるグラース家の物語の5作目『ハプワース16,1924』を1965年に発表後、完全に沈黙している。”(新潮社HPより)

≪J・D・サリンジャー著作リスト≫ 
(現在入手できる作品のみアップ◎は既読、年度は発表年度)

◎『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye, 1951年)
野崎孝訳 新潮文庫、村上春樹訳 白水社(村上訳はタイトル名『キャッチャー・イン・ザ・ライ』)
 『ナイン・ストーリーズ』(Nine Stories, 1953年)野崎孝訳 新潮文庫、柴田元幸訳 ヴィレッジブックス、中川敏訳 集英社文庫(タイトル名は『九つの物語』)
 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey, 1961年)野崎孝訳 新潮文庫
 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ シーモアー序章ー』(Raise High the Roof Beam, Carpenters, and Seymour: An Introduction Stories , 1963年)野崎孝・井上謙治訳 新潮文庫

現在はアメリカ東部の田舎に隠遁して40年以上作品発表がない。
村上春樹が『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の訳者あとがきを許可されなかったことも有名な話であって、なおかつ映像化も認めていないみたいですね。
人物的に謎に包まれている所がひとつの魅力となっているといってもいいだろう。

私の既読は若い時に読んであんまり感動しなかった『ライ麦畑でつかまえて』。
野崎訳あんまり合わなかったみたいですね(笑)
とりあえず新訳ブームのパイオニア的存在である『ライ麦畑でつかまえて』の村上春樹訳(『キャッチャー・イン・ザ・ライ』)と最近刊行された柴田元幸訳の『ナイン・ストーリーズ』は押さえたいですね。

あと村上さんと柴田さん共著の『サリンジャー戦記 翻訳夜話2』(文春新書)なんかも面白そうですね。

次回(第5回)はポール・オースターの予定。



posted by: トラキチ | 現代海外作家ナビ | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:06 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック