Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
トルーマン・カポーティ(1924〜1984)
トルーマン カポーティ
新潮社
¥ 580
(2008-11-27)
世界の文豪ナビ第4回は『ティファニーで朝食を』で有名なカポーティ(1924〜1984)(米)です。
ウィキはこちら

新潮社のHPから略歴を引用させていただきます。
“(1924-1984)ルイジアナ州ニューオーリンズ生れ。21歳の時「ミリアム」でO・ヘンリ賞を受賞(同賞は計3回受賞)。1948年『遠い声 遠い部屋』を刊行、早熟の天才―恐るべき子供、と注目を浴びた。著書に短編集『夜の樹』、中編『草の竪琴』『ティファニーで朝食を』、ノンフィクション・ノヴェル『冷血』など。晩年はアルコールと薬物中毒に苦しみ、ハリウッドの友人宅で急死した。”(新潮社HPより)

文藝春秋やハヤカワepi文庫から出てるのは知りませんでした。
既読は旧訳の『ティファニーで朝食を』のみですね。
出版社ごとに記しますね。

<新潮社>
『ティファニーで朝食を』- Breakfast at Tiffany's (1958)  村上春樹訳 新潮文庫≪新訳≫
『叶えられた祈り』 - Answered Prayers (1986)  川本三郎訳 新潮文庫
『冷血』- In Cold Blood (1966) 佐々田雅子訳 新潮文庫≪新訳≫
『夜の樹』- A Tree of Night (1949) 川本三郎訳 新潮文庫
『草の竪琴』- The Grass Harp (1951)  大澤薫訳 新潮文庫
『遠い声 遠い部屋』- Other Voices, Other Rooms (1948)  河野一郎訳 新潮文庫

<早川書房>
『詩神の声聞こゆ』小田島雄志訳 ハヤカワepi文庫 
『ローカル・カラー / 観察記録』小田島雄志訳 ハヤカワepi文庫
『カメレオンのための音楽』 野坂昭如訳 ハヤカワepi文庫

<講談社>
『真夏の航海」 安西水丸訳 

<文藝春秋>
『あるクリスマス』 村上春樹訳
『誕生日の子どもたち』 村上春樹訳
『クリスマスの思い出」 村上春樹訳
『おじいさんの思い出』 村上春樹訳

<ちくま書房>
『カポーティ短篇集』 河野一郎編訳 ちくま文庫

少し詳しい人となりはこちらのサイトをご覧ください。

映画化作品は『ティファニーで朝食を』(1961)はもちろんのこと、伝記映画『カポーティ』(2006)も有名ですよね。

映画『カポーティ』の原作も記しておきますね。

『トルーマン・カポーティ』(上・下) ジョージ・プリンプトン著 野中邦子訳

とりあえずは村上さんの『ティファニーで朝食を』を読んでヘップバーンの映画を観ようと思ってます。
機会があれば『ティファニーで朝食を』を英訳で読みたいですが・・・

次回はチャールズ・ディケンズの予定。
posted by: トラキチ | 世界の文豪ナビ | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:04 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック