Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『ある秘密』  フィリップ・グランベール (新潮社)
父と母は何か隠している……。ひとりっ子で病弱なぼくは、想像上の兄を作って遊んでいたが、ある日、屋根裏部屋で、かつて本当の兄が存在していた形跡を見つける。両親の秘密とは何か。ナチスによる弾圧と虐殺のはざまで、二人に何が起ったのか。一九五〇年代のパリを舞台にした自伝的長編。高校生が選ぶゴンクール賞受賞作。(新潮社HPより引用)

物語の冒頭から秘密の影はすでに現われている。読者はまず、その影を追うように物語へと引き込まれ、次第に、戦争や愛、そして深い絶望と孤独の中へ踏み込んでいく。ごく普通の一家の背後に隠されていた、人間の苦しみの全てを凝縮したような過去。それでも真実を受け止めようとする主人公の強い意志と、必死に生きようとする人々の姿が、容易に感動という言葉では語り尽くせないほどの切実なリアリティを持って、胸に迫ってくる。(裏表紙・作家島本理生さんコメント文引用)

<両親の秘密を通してあるひとりの少年が立派に成長する物語、戦争の痛ましさを分かち合える作品でもあります。>

『ちいさな王子』『赤と黒』(ともに光文社古典新訳文庫)の翻訳で著名な野崎歓訳。
この作品はわずか150ページあまりですが、内容的にはとっても密度の濃い作品だと言っても過言ではないでしょう。
最初、ファンタジー作品かなと思って読み進めたのですが、ずっとずっと深い物語でした。
評価:
フィリップ グランベール
新潮社
¥ 1,680
(2005-11)
それでも、秘密を、知らなければならない。
じぶんをみつめる物語
小説家じゃなくて良かった!

清々しいという表現があてはまるかどうかは疑問ではあるが、主人公が両親を擁護する成長ぶりは本当に頼もしい。
物語の冒頭のひ弱さを伴った頼りなさが読者には焼き付いているだけに余計にそう感じるのである。

本作で描かれている悲劇はいわゆるホロコーストの世界ですね。
ホロコーストとそして両親の“ある秘密”とを本当に巧みに融合しています。
世界は本当に広くって、私たち日本人って第二次世界大戦=太平洋戦争と思いがちだが、ヨーロッパでも本当にいろんな問題があったのですね。
被害者と加害者ってある意味紙一重なのかもしれません。
本作を読んで痛感しました。
あと注目すべき点を書かせていただくと、この作品は作者の自伝的長編なんだけども、日本ではあんまり戦争のことを題材とした作品って近年は少ないような気がします。
でもこの作品は2004年度に刊行された作品で、“高校生が選ぶゴンクール賞”に選ばれているのですね。
どちらかと言えば、日本の高校生だったら戦争という題材だけで顔を背けそうな兆候があるのかな。
読まず嫌いという点とあと、題材的に売れにくいので書く機会を逸しているのでしょうね。

作者は人類の歴史として過去のことを受け入れている。
その寛容さが主人公に乗り移った感が強いのですね。
だから、取りようによったら許せない両親をも受け入れているのでしょうね。

まあ主人公の両親って本当に文章を読んでるだけでも素敵なんですね(笑)
亡くなった兄と義母には申し訳ないのですが、ふたりは結ばれるべくして結ばれたとどうしても思っちゃいました。
内容自体は非常に重いのですがロマンティックな部分も注入、作者の筆力は凄いと思います。

訳者あとがきを読むと時は流れ、ドイツでも訳書が刊行されたみたいである。
『朗読者』をフランス人が読み、本書をドイツ人が読む。
平和な時代になったものである。

最初は架空の兄に守られてた主人公が見事に成長する物語。
フランスの高校生のようにはいかないけど、少しでも自分自身も成長したいと思わせてくれた作者に感謝したい。
“加害者・被害者抜きにして、悪い歴史は決して繰り返してはいけない。”
作者の強い想いをしっかりと捉えて本を閉じることが出来た。

面白い(8)



posted by: トラキチ | 新潮クレスト・ブックス(感想) | 16:07 | comments(3) | trackbacks(3) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:07 | - | - |-
トラキチさん☆こんばんは
戦争の悲惨さや、愚かさをもっともっと伝えるためにも、こういう作品は大事だと思います。
アメリカでは原爆についてだけは余り語りたがらないという記事を最近読みました。
戦争についてみんながもっと知ろうとしないと、知らないところで怖いことが起きるような気がしてしょうがありません。
| Roko | 2009/04/20 11:39 PM |
トラキチさん、こんにちは。

>どちらかと言えば、日本の高校生だったら戦争という題材だけで顔を背けそうな兆候があるのかな。

わ、わたしもです。
面白くないからというより(まあ、面白くはないんですけど)
小説でも映画でも、もうツラくて直視できなくて全然受け付けなかったです。
読めるようになったのって、ここ数年かもしれませんー。
でもおかげで(?)今いい作品にめぐり合えて
しかも自分がきちんと読むことができるようになったのが嬉しいです。
| 四季 | 2009/04/21 6:55 AM |
>Rokoさん、こんばんは♪
戦争の悲惨さをファンタジーや恋愛要素を取り入れたところが高校生に受け入れられたのでしょうね。
日本人の方が悪く言えば、一昔前のことのようにとらえがちなような気がします。
年号が昭和の時期は違ったような気がしますが・・・
それにしても良い教訓となる素晴らしい作品でした。

>四季さん、こんばんは♪
私も戦争を題材とした小説何冊も続けて読めませんね(笑)
ヨーロッパは国が隣接してるのでかなり身近なんでしょうね。
あとは単一民族かどうかという問題もあるのでしょう。
日本は平和になりすぎたのかな。
ケータイ小説で本作のような内容って考えられませんよね。
クレスト・ブックスでいろいろ教えられますわ。
| トラキチ | 2009/04/21 7:21 PM |









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/132
トラックバック
2009/04/20 11:28 PM
ある秘密 (新潮クレスト・ブックス)posted with amazlet at
Roko's Favorite Things
2009/04/21 6:37 AM
 [amazon] 本当はひとりっ子なのに、長い間兄さんがいるつもりになっていた...
Ciel Bleu
2009/06/13 6:49 PM
ある秘密 (新潮クレスト・ブックス)Philippe Grimbert 野崎 歓 新潮社 2005-11売り上げランキング : 228434Amazonで詳しく見る by G-Tools フィリップ・グランベール 野崎歓訳『ある秘密』 フランスの高校生が選ぶゴングール賞受賞。 ひ弱な僕は架空の兄を空想し遊ん
GREENFIELDS