Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
岩本正恵訳本リスト。
岩本正恵さん、今もっとも自分のフィーリングに合う訳者ですね。
1964年生。東京外国語大学英米語学科卒です。

新潮クレスト・ブックスの復刊本は今まで2冊しかなくて、2冊とも(『キス』『巡礼者たち』)岩本さんの訳本なんですね。
これはどれだけ凄いことかと言えば、逆に絶版された本が20冊以上あるのですわ。
だから新潮クレスト・ブックスの功労者と言っても過言ではないでしょう。

これは作品としての質も高いことは当然だが、翻訳が素晴らしいということも当てはまると思うのである。
上記2冊以外にクレスト・ブックスでは『シェル・コレクター』『世界の果てのビートルズ』、そして満を持して4/30日に『最終目的地』ピーター・キャメロン著が出る。
これで5冊ですね。
特に女性読者の方はご一読してほしいのですね。
静謐でそして簡潔な文章。そして一言で言えば“品格のある翻訳”これは岩本ワールドですわ。
あと白水社の“新潮クレスト・ブックス”シリーズとも言える“白水社エクス・リブリス”シリーズにも年内に登場するみたいです。
『青い野原を行く』 クレア・キーガン著
かなりの売れっ子ですね。
http://www.hakusuisha.co.jp/exlibris/cat37/index.html
古川日出男さんや桜庭一樹さんのコメントも読めます。

岩本さんの現在入手できる作品をリストアップしますね。

新潮クレスト・ブックス
『最終目的地』 ピーター・キャメロン著 (2009/04予定)
『世界の果てのビートルズ』ミカエル・ニエミ著 (2006/01)
『シェル・コレクター』アンソニー・ドーア著 (2003/06)
『巡礼者たち』エリザベス・ギルバート著 (1999/02)
『キス』キャスリン・ハリソン著 (1998/05)

他社の作品
『四月馬鹿』ヨシップ・ノヴァコヴィッチ著 白水社 (2008/03)
『石の葬式』パノス・カルネジス 白水社 (2006/08)
『ああいえばこういう。』ミル・ミリントン著 河出書房新社 (2005/02)
『ノーホエア・マン』アレクサンダル・ヘモン著 白水社 (2004/04)
『信頼』アルフォンソ・リンギス著 青土社 (2006/12)

その他
『翻訳文学ブックカフェ2』 新元良一著 本の雑誌社 (2007/10)

主なところはこんなものですね。
時間があれば原書と照らし合わせて読みたいです。ワクワク。
posted by: トラキチ | 訳者 | 17:33 | comments(0) | trackbacks(1) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:33 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2009/06/27 4:56 PM
翻訳文学ブックカフェ
忍者大好きいななさむ書房