Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
寺社めぐり (京都2008/10第2回)
京都2008/10第1回より続く

清水寺を後に清水坂を下って、ああお土産買わなくっちゃということで生八橋が美味しそうな店に飛び込む。

客の七割ぐらいが修学旅行の高校生で、その中に混じっていると店員さんが「先生もどうぞ」って試食用の八橋を勧めてくるのですね。
先生と間違えられちゃった(爆)
思えば学生時代、教職課程を一回生の時に取り始め(確か日本国憲法とかだったと思う)、二回生になってから教職まで取ってたら卒業できないわということで挫折というか断念した記憶が蘇ったものである。
自分で言うのもあれですが、大学の勉強はほとんどしなかったんですね。よくあれで卒業できたものだったと思ったりする。
三回生ぐらいから、俺国文学科か史学科行ったほうがよかったのかなと痛烈に思ったものです。
でも古文が本当に苦手で、英語の単語は簡単に覚えれるのに古文は覚えれない。
今でもコンプレックス持ってます、ハイ。

画像の上をポイントしてください。
はじめ来た道を逆行、三年坂のところを右折、帰りはくだりだからかなり楽チン。
学生時代も来たことのない、高台寺に立ち寄る。
高台寺庭園
高台寺霊屋(おたまや)
ここはご存じの方も多いと思いますが、豊臣秀吉の妻ねねさまが祀られてます。
境内もかなり綺麗、説明してくれるお姉さん(おばさんだけど)も丁寧で好感が持てた。
ちょうど、テレビ東京系で年始に仲間由紀恵主演で10時間ドラマがされるということで報じられてたので、予想より混雑してました。
でもドラマは見れなかった(汗)

庭園もきれいで気分爽快でお寺をあとにする。

おそらく学生バイトだと思うのですが、人力車に若者がお客さんを乗せて引っ張っている姿がちらほら。
京都っていいな。

円山公園→八坂神社を抜けて祇園通へ。
すぐ左に大好物の餃子の王将という看板が見える。

普通、湯豆腐とか風情のあるもの食べるじゃんというか、それが一般的なんだろうけど、ビールが飲める状態(車を運転しなくていいということです)ということですぐに決定。
餃子二人前、天津飯、ビール二本平らげる。

ちょうどほろ酔い気分、昼間の1時ぐらいだったかな。
ちょっと酔い覚ましにということで(別に千鳥足ということでもないですよ)、四条河原町まで歩く。
15分ぐらいかな、ゆっくりゆっくり歩き阪急百貨店前まで来る。
今はどうか知らないけど、昔は待ち合わせのメッカだったんですね。
阪急百貨店
次は京都御所ということで市バスに乗る。
何番系統のバスに乗ったかまでは覚えてないが河原町通りを北上。
今出川通りを左折、同志社前で降りる。ちょうど御所の北側ですね。
同志社大学正門から入り、まさか学生と間違えられないだろう(爆)あるいは挙動不審者と思われないだろうかと心配しながらキャンパス内を歩く。
同志社大学正門
有名なクラーク記念館(重要文化財)をシャッターに収め西門から出、烏丸通りに出る。
クラーク記念館
烏丸通りを下がり(南にですね)、ちょうど京都御苑の西側ですね中立売御門を経て、お目当ての蛤御門へ到着。
学生の頃はそんなに興味がなかったのですが、というかいつでも見れたからかな。
篤姫オンエアーも含めてかなり平日ながら観光客が多い。
京都御苑蛤御門
ご存じ禁門の変(蛤御門の変)が行われたところですね。
時は1864年、長州軍が幕府軍(会津・桑名・薩摩)に敗れたのである。
銃弾のあとがまだ残っており、歴史の重みを感じた。
蛤御門説明書き
蛤御門の変銃弾跡
1分間ぐらい黙とうしました。
この日は天気もよく広々とした京都御苑内は本当に平和。

御所を出、地下鉄に乗ろうか迷ったが歩くことを決心し、てくてく歩く。

御池通りまで出て左折(東に進路を変える)、これも久々に本能寺を見ようと本能的に決断する(洒落のつもり)。
今の本能寺は有名な織田信長が殺された本能寺の変(1582年)が起こった所からは移転されている。
本能寺
本能寺説明書き

さらに南下し寺町通りに入る。
実はこの通りが京都っぽくって私は大好きだ。
学生時代、梶井基次郎の『檸檬』を読んだときにこのあたりのことを題材として描かれてたのがいまだに印象に残っている。
寺町通り入口
寺町通りを南下し、四条通りに出てジュンク堂京都店に立ち寄る。
ここは京都に来た時必ず立ち寄ってますね。
ジュンク堂は2〜3年前に河原町通りにBAL店も出店したらしい。
凄いパワーだね。両店歩いて5分ぐらいなのに。
また書店めぐりで後日レポしたいと思います。
ジュンク堂京都店
学生時代、東京の大学に行きたかったと痛烈に思った時期もあったものですが、
今こうして京都を再訪すると、京都でよかったかなと思ったり。
丸くなったのかな人間が(笑)

というわけで、寺社めぐり(京都2008/10)は終了させていただきます。
2008/12ご期待ください。
次回は洛西(金閣寺など)方面です。

帰りの阪急電車でいびきをかいて寝てたトラキチでした。


posted by: トラキチ | 寺社めぐり | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:55 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/14
トラックバック