Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
君のためなら千回でも [DVD] (2007アメリカ)
君のためなら千回でも 君のためなら千回でも (2007)【監督】マーク・フォースター【出演】ハリド・アブダラ / ホマユン・エルシャディ / ショーン・トーブ / アトッサ・レオーニ / アーマド・カーン・マーミジャダ / ゼキリア・イブラヒミ

★★★★☆ [90点]「観るものをワールドワイドな気持ちに浸らせてくれる名作と言えるでしょう。」

こういう作品を観ると日本って幸せな国なんだなと痛感します。時に自由すぎるってことが弊害となってるのでしょうか。目を背けたくなるタリバンの公開処刑。

原作の感想はこちら
原作では『The Kite Runner』から文庫化される際に『君のためなら千回でも』に変えられている。
これは本当に素敵な改題であって、映画の中でも2回叫ばれてるのですね。凄く相手を思いやる気持ちが強く表れた言葉でいつまでも観る者の脳裏に焼き付いて離れないでしょう。

話の内容としては思ったより単純であるのだが、そこが逆に明快となっていて私たち日本人が観てもわかりやすいですね。

胸が痛むシーンが3回あります。
初めは物語を揺るがす少年時代の運命のシーンですね。
特に私たち日本人と違った環境(民族の違いによる差別化)で暮らしている彼らにとっては仕方のないことであったのでしょうか。
実直に生きるということが困難だったと私は同情します。

次はソ連のアフガン侵攻から逃れる道中でのソ連兵に対する夫婦を助けるアミールの父親の言動ですね。

最後には少し前述しましたが、2001年のタリバンによる公開処刑の場面ですね。
本当にリアルで恐ろしい方向に進んで描かれているので驚きました。

この作品は私たち誰しもが持っている無関心・無責任という傍観者的な立場を少しでも跳ね返してくれる強い作品ですね。

物語の根底に流れているのはアミールとハッサンの友情ですね。
アフガニスタンの人々が平和を願う気持ちのほんのわずかでも汲み取ることが出来たのが嬉しいです。

誰しも取り返しのつかないことをしてしまうことってあると思います。
取りようによったらアミールは当然のことをしたと言えるかもしれません。
結果として固い友情で結ばれていたと信じる気持ちを大切にしたいです。

最後に凧揚げのシーンって清々しいですよね。
でもこの物語では日本人のする娯楽的な凧揚げじゃなくって力強いんです。
いわばこの凧揚げは無力なるアフガニスタンの人々の平和の象徴だけでなく、人生に向き合っている象徴的な姿なのである。

あなたも是非ご覧になってください。
Posted by トラキチ on 2009/07/17 with 映画生活
posted by: トラキチ | DVD(海外) | 08:55 | comments(4) | trackbacks(1) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:55 | - | - |-
はじめまして。
「やっぱり本を読む人々。」にアクセスしようとして検索したらこちらのブログに辿り着いた者です。色々記事を読ませて頂いていたら、大好きな映画の記事があったのでコメントしました。

この映画、私は公開当時映画館で観ました。静かに涙したのを覚えています。
邦題が素晴らしいとのご意見に同意します。観る前は「長いタイトルだなぁ」くらいにしか思ってなかったけど、観た後はすごく心に響いて来ました。
カイトのシーンも躍動感たっぷりで良かったです。
記事を読んで、また観たくなりました。
もしSNSの方でお会いしましたらどうぞよろしくお願いします!それでは。
| ココ | 2009/09/29 10:01 PM |
ココさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

この作品は映画で観ても原作を読んでもどちらでも感動できます。
先にどちらをということでもなく、そしてたとえ結末が分かっていても十分に胸を打つ作品だと思います。
ひとつの要因としてやはり普段私たちが接する機会が少ない国というか地域を取り上げているからだろうと思います。

ホッセーニの作品はもう一冊出てるのですがまだ読めてません、彼の愛国心の深さを再確認する意味合いにおいても手に取りたいと思ってます。
| トラキチ | 2009/10/02 6:45 PM |
こんにちは♪ご無沙汰しています。
ずっと興味があったのですが、ようやく映画を見ることができました。
ふたりの少年の演技が自然でとても良かったと思います。静かに感動できる作品ですね。
原作も読んでみたいです。
(もうひとつのブログで映画の感想をちょこっと書いています。TBできなかったのでコメントのみで失礼します)
| EKKO | 2009/10/04 3:17 PM |
EKKOさん、こんにちは♪
お返事遅くなりました。

この作品はやはり私たちが普段ほとんど届かない国を描いているところが胸に突き刺さりますよね。
少年の演技本当に良かったです。
原作も是非お読みになってください。

映画を観た後でも十分感動できると思います。
| トラキチ | 2009/10/09 12:36 PM |









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/193
トラックバック
2009/07/19 8:36 PM
君のためなら千回でも スペシャル・エディションハリド・アブダラ, ゼキリア・エブラヒミ, ホマユーン・エルシャンディ, アフマド・ハーン・マ...
しょ〜との ほそボソッ…日記…