Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
つぐない [DVD] (2007イギリス・フランス)
つぐない つぐない (2007)【監督】ジョー・ライト【出演】キーラ・ナイトレイ / ジェームズ・マカヴォイ / ロモーラ・ガライ / シーアシャ・ローナン / ブレンダ・ブレシン / ヴァネッサ・レッドグレーヴ / ジェレミー・レニエ / ジュノー・テンプル

★★★★☆ [90点]「誰にでも取り返しのつかないことをしたと後悔する時がありますよね。でも、この物語の主人公ほどそのことを真摯に受け止めて生きた人間はいないんじゃないでしょうか。」原作はブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説『贖罪』。
いや〜、本当に素晴らしい映画ですね。

最近劇場で観た映画『愛を読むひと』と甲乙つけがたいですが完成度はこちらの方がやや上でしょうか。
この作品も同様に切ない恋愛映画ですが、同時に凄い反戦映画として描かれていると思います。
そうです、戦争が引き裂くのですね。

物語の舞台は第二次世界大戦前夜、夏のイングランド13歳の未成年の少女ブライオニーが犯した罪、それによって離れ離れになった姉セシーリアと使用人の息子ロビー。
これは罪というか、感受性の強さから出た一瞬の判断の嘘と言えばいいのでしょうか。
それにしてもブライオニー役を演じる三人の女優さん、見事です。
身分違いの恋、思春期の過ち、そして戦争、イギリス映画らしい作品だと思う。
暗くて重いんだけどテーマが重厚ですね。

ラストが本当に圧巻ですわ。
とくに文芸作品をお好きな方はそう思われると確信しております。
結果としてはカップルの不幸の原因は戦争だったのかそれとも妹だったのか。
私的な解釈としては、もし戦争がなかったら2人は当然離れ離れになったけど、また再会して幸せになれたと思っております。
これはブライオニーの切なき願いでもありますよね。

原作はどうなってるかとても気になりますが、映画だけ観た人のほとんどは心地よく騙されます。
メロドラマにしないところが良いのでしょう。
厳しい現実を踏まえつつも、ブライオニーの夢を語ってくれているのでしょう。
そう彼女の“つぐない=現実では起こりえない愛の成就”なんです。
このやり切れなさを含んだ、逆になんとも言えない充実した気持ちって言葉では表現し尽くせないですよね。

物語の構成だけでなく音楽も素晴らしい本作はあなたの心を揺さぶります、覚悟してご覧になってくださいね。


Posted by トラキチ on 2009/07/22
with 映画生活
posted by: トラキチ | DVD(海外) | 17:33 | comments(0) | trackbacks(1) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:33 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/195
トラックバック
2009/07/28 8:10 PM
つぐない [DVD]キーラ・ナイトレイ, ジェームズ・マカヴォイ, シーアシャ・ローナン, ロモーラ・ガライ, ジョー・ライトジェネオン エンタテイン...
しょ〜との ほそボソッ…日記…