Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
“生あおいちゃん”カウントダウン!
宮崎あおい舞台チケット 

昔からおつきあいある方はご存じだと思うが、以前は好きな女優はと問われれば“竹内結子”“池脇千鶴”の両名の名前を挙げていた。
別に浮気したわけじゃないのですが(笑)、前述したお二人以上に“素敵で可愛い天使”が1年半ぐらい前に登場したのである。

その名は“宮崎あおい”。オフィシャルサイトはこちら
私の中では“日本一可愛い人妻”だと思っている。
まわりの知人からはちょっと呆れられているのであるが、実は来月東京に“生宮崎あおい”を見に行くのである。
「その夜明け、嘘。」という舞台公演である。
出演者はわずか3人。キャパ300人ぐらいの青山円形劇場にて実施される。


今から約2年少し前、名古屋でオフ会が終わってから仕事に追われる毎日が続き(最もひどい例を言えば21連勤して1日休み、そして16勤)、その頃は宮崎あおいと長澤まさみの違いも知りませんでしたびっくり
それ以前の約4〜5年は暇があったら本を読みネットに浸る生活で、ほとんどテレビも見ませんでした。
両極端の生活って本当にしんどいですね。
この1年半ぐらいはかなりテレビも見て(言わば普通の人の生活だな)、充電できたつもりです。
その充電のきっかけとなったのがあおいちゃんでした。
『ただ君を愛してる』や『NANA』『純情きらり』などなど。
そして『篤姫』

私の予言は当たりました(笑)→年間平均視聴率24.44%祝
下記は昨年2月4日、ちょうど節分の時期にmixyにて書いた私の日記です。

“国民に福をもたらす宮崎あおいの笑顔”

大河ドラマ『篤姫』が順調にその視聴率を伸ばしている。初回から第5回目までを表示すると20.3→20.4→21.4→22.7→24.0とまさに右肩上がり。
デジタル化時代に伴いハイビジョンやBSでも同じ日に見れる時代においては驚異的な数字だと思う。

もちろん脇を固める豪華な俳優陣のバックアップもあるであろうが、並み居る先輩方に負けない宮崎あおいの女優としての確固たる演技力と、老若男女に受け入れられるまさに国民的女優としての資質には脱帽である。
思えばNHKにも先見の明があったのである。それまでオーディション制で選んでいた朝ドラのヒロインを『純情きらり』の時には宮崎あおいを特別に選んで起用、多くのお茶の間の方の涙を誘ったのである。いわばもっとも安定した数字を取れる女優として今回の大河への抜擢なのだが、私は抜擢だとは思っていない。なぜなら、他に数字を取れる俳優・女優が本当にいないような気がするからだ。ちなみに去年の『風林火山』の平均視聴率が18.7%、現在まで『篤姫』が21.7%と約3%上まっている。これから物語が進むに連れて、数々の涙を誘う名場面が出てくるはずである。私の予想では、最終的に平均24〜25%取れると思っている。宮崎あおいはもちろん容姿端麗であるが、そのへんのアイドル女優とは一線を画する。
通常朝ドラから民放の連ドラへとの流れを断ち切っての大河主役。
宮崎あおいの真骨頂はあおいちゃんの実年齢(22歳)を過ぎた篤姫の演技力であろう。はたしてNHKの救世主になれるのか?篤姫の人生のようにドキドキしながらも一年間見守って行きたいと思う。

天国の天璋院様もきっと応援してくれているはずである。頑張れ宮崎あおい。


宮崎あおいの魅力については、何回かにわけてその魅力を他の女優との比較等で綴っていけたらと思ってます。
posted by: トラキチ | 宮崎あおい | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:31 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック