Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『植物図鑑』 有川浩 (角川書店)
評価:
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,575
(2009-07-01)

 <有川さんの作品はあんまり読んでないのですが、本作を読んで売れっ子であるというのがわかりますね。こんな甘い恋愛なんて到底現実的じゃないけど、作中に何度か出てくる“雑草という名の草はない”という言葉の裏返しに本作の真髄があるように感じられます。そう、“雑草のように強くて逞しい恋愛をしよう”!さやかとイツキの関係がどうなることやら、胸キュン王道ラブストーリーを堪能あれ。>


しばらくの間、いわゆるベストセラー小説を読むのを怠ったせいというかおかげというかとっても新鮮な気持ちで本作に対して向き合うことができました。
有川さんは、今や当代きっての売れっ子作家と言って過言ではないのでしょう。


この作品は角川のsari-sariという携帯小説サイトにて連載されたものを中心として単行本化されています。
時代は変わったものでいろんな媒体で小説を読むことが出来るようになりましたね。
有川さんはその読者の環境を十分に熟知した上で本作を書いています、しかも見事な出来栄えで。


最初に断っておきたいのは、私のような中年男性読者と言うのは本当に“例外的な”読者なのである。
だからお若い女性が私の感想を読んでもあんまり参考にならないと思うし、逆に良い部分だけ受け取って欲しいなと思う。


私が強く感じた点は次の点である。
まず、有川浩という作家の売れている理由ですね。
これはまずディープな読書家も読んでみたいと思う衝動に駆られるバラエティーに富んだ作品群ですね。
逆に、有川浩の作品あるいは有川浩プラスアルファの作家しか小説は読まないと言ってもおかしくない人が沢山いそうな、その読みやすさとオリジナリティーですね。
前者のディープな読書家さんが手に取る本書はどうだったのだろう、私も聞きたいぐらいですわ、ちょっと甘ったるすぎるのかな。
後者は過去にたとえば“乙一”さんが登場した時も同じように感じたのですが、ちょっと違うのかな。
私自身もよくわかってません、なんとなくのフィーリングです。
でも後者の有川浩を中心に数少ない作家の作品しか読まれない方は、かなり楽しめたんじゃないかなと思いますね。

 さて本作の良いところは、話自体は現実的じゃないのですが、題材が身近であるために“読者にとって等身大の人物が主人公”の胸がキュンとなるストーリー展開ですね。
とりわけイツキが去った後のさやかの意地らしいところは、やはり一番の読ませどころでしょうか。
ただ男性読者からしてはあんまりイツキの良いところが感じられないのですが、これは逆に女性読者からしたら、さやかの良いところがあんまり良くわからないというのと同じようなところであろう。
人間誰しも異性に対しては美化するところがありますよね(笑)
でも客観的に見て、この二人はお互いが“身の丈に合ったカップル”だと言えると思います。


単行本化にあたって登場する植物の写真がすべてカラーで掲載されています。
読み手としたら嬉しい悲鳴をあげちゃいますよね。
丹念な構成はとりわけカーテンコールの2編が極めつけです。


恋をしている人はもちろんのこと、恋をしていない人もこの作品から貴重なエネルギーをお裾分けしてもらってください。
今年の恋愛の必読本だと言える一冊であり、まさにこんな恋愛誰しもしたくなりますわ。
2人の行動はライトですが、愛情はディープですよね。


男性読者が読めば、ちょっと料理に励もうかなと思います。
あっ、まさに有川さんの思うつぼですね(爆)

面白い(8)

posted by: トラキチ | 有川浩 | 19:50 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:50 | - | - |-
はじめまして。
トラキチさんの評価が私の感じ方と似ているものが多いので、いつも勝手に本選びの参考にさせていただいてました。
この小説の一部分がヤングアダルト向けの文庫に納められていたのを読んで、この本も読みたいと思っていたのですが、図書館で切れ間なく貸し出し中で、なかなか読めないでいます。書評を読ませていただいて、やっぱり読みたいなーと思いました。私の勤めている図書館では、「図書館戦争」シリーズはあまり読まれないし、「レインツリーの国」ももう一つ動きが鈍いんですけど、なぜかこの本はあちこちの利用者のお宅に行きっぱなしの人気者です。
| morinokaori | 2009/08/22 12:02 PM |
morinokaoriさん、はじめまして。
拙い私のブログに遊びに来ていただきましてありがとうございます。
少しでもお役に立ててればこれ以上の喜びはありません。

有川さんはまだ二冊目(『三匹のおっさん』)なのですが、少しづつ追いつきたいと思っております。
『図書館戦争』近いうちに読んで行こうと思ってます。
最近はあんまりメジャータイトル読んでませんが、頑張って感想綴っていこうと思ってますのでよろしくお願いしますね。
| トラキチ | 2009/08/24 9:46 AM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック