Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ジェイン・オースティン(1775〜1817)
J. オースティン
新潮社
¥ 820
(1997-08)

世界の文豪ナビ、久々に書きます。第5回は予定を変更してジェイン・オースティン(1775〜1817)(英)です。
ウィキはこちら

イギリスの平凡な家族を描いたオースティンの作品は心理写実主義の先駆と評せられてます。
代表作である『高慢と偏見』をモームは世界の十大小説のひとつとして選んでますね。
夏目漱石が絶賛したことでも有名ですし、逆にいかに作品が古いかがわかりますよね。
書かれたのが約200年前、オースティンが生まれた次の年がアメリカ独立宣言の年です。

そしてオースティンは近年再脚光を浴びている作家です。
その要因は2006年に公開された映画『プライドと偏見』、そして昨年公開された『ジェイン・オースティンの読書会』ですね、そして嬉しいことにちくま文庫からの新訳ラッシュ。

私がこのナビを書くきっかけとなったのはCSテレビ"LALA HD"での『ジェイン・オースティンに恋して』の放送の第1回目を観てからです。

さてオースティンの作品、私の記憶では完読した作品は学生時代も含めてないような気がします。
ちょっと読みかけた記憶はありますが。ここでは新訳も含めて長篇6作品の主な訳書を紹介しますね。

★分別と多感(Sense and Sensibility、1811年) ちくま文庫 中野康司訳(2007)
★高慢と偏見(Pride and Prejudice、1813年) ちくま文庫(上・下) 中野康司訳(2003)、 新潮文庫 中野好夫訳(1997)(『自負と偏見』)
★マンスフィールド・パーク(Mansfield Park、1814年)中公文庫 大島一彦訳(2005)
★エマ(Emma、1816年) ちくま文庫(上・下) 中野康司訳(2005)、 中公文庫 阿部知二訳(2006)
★ノーサンガー・アビー(Northanger Abbey、1817年) ちくま文庫 中野康司訳(2009/09予定)
★説得(Persuasion、1818年) ちくま文庫 中野康司訳(2008)、 中公文庫 大島一彦訳(2008)

私が今積んでるのが新潮文庫版の『自負と偏見』ですね。
ネットで調べたところ、古い訳の中野好夫さんの訳の方がしっかりしているとのことらしいです。
まずそこから入ってみます。1960年ぐらいに訳されたみたいですが。
来月のノーサンガー・アビーの文庫化ですべて文庫で読めますよね、筑摩書房にも感謝しなくっちゃ。

第6回はチャールズ・ディケンズ行きます、ハイ。

posted by: トラキチ | 世界の文豪ナビ | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:08 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック