Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
光文社古典新訳文庫が3周年!
3周年を迎え、今月は何と5冊の刊行となりました。

何といっても私的には目玉は『グレート・ギャツビー』ですね。
ラヒリやアーヴィングの訳者で有名な小川高義さんの訳です。
明日発売です。

『グレート・ギャツビー』は古くは野崎孝さん、そして近年村上春樹さんが訳されてるのが有名ですが、光文社も殴り込みをかけて来ました(笑)

小川さんの訳は村上さんほど個性的ではないけど、その静謐な訳文は読み手を自然と作品の中に引き込んでくれます。
少し前に村上さんの訳で読んだのですが、比べてみたいですね。
明日は書店にGO!の日となりました。

これで下記の4冊が発売されてることとなります。
★『グレート・ギャツビー』 小川高義訳 光文社古典新訳文庫 (2009)
★『グレート・ギャツビー』 村上春樹訳 中央公論新社村上春樹翻訳ライブラリー (2006)
★『グレート・ギャツビー』 野崎孝訳  新潮文庫 (1974)
★『華麗なるギャツビー』  大貫三郎訳 角川文庫 (1957)

光文社古典新訳文庫、下記の5冊が明日発売となります。

『グランド・ブルテーシュ奇譚』バルザック/宮下志朗・訳
『種の起源(上)』ダーウィン/渡辺政隆・訳
『闇の奥』コンラッド/黒原敏行・訳
『グレート・ギャッツビー』フィッツジェラルド/小川高義・訳
『歎異抄』唯円・著 親鸞・述/川村 湊・訳
posted by: トラキチ | 本の話題 | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:35 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック