Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『青空チェリー』 豊島ミホ  (新潮文庫)
<作者の成長振りが手に取るようにわかる作品集>(2006/5/11)

新潮社主催のR-18文学賞の第1回読者賞を受賞しデビューした豊島ミホ。
本作は彼女のデビュー作の文庫版である。
とはいえ、全3編のうち原型をとどめているのは表題作のみ。
実際のところは“デビュー作1編プラス新作2編”。
豊島ミホの“出発点と原点を噛み締めれる”贅沢な作品集と言えるのである。
「ハニィ、空が灼けているよ」は大幅リライトされたもので中編。
現時点で単行本掲載時の作品を読んでないので比較できないのが残念であるが、ひと言で言えばとっても完成度の高い作品。
日本に戦争が起こるというSF的設定となっているが、ハニィ、ダーリン、教授の三者三様の思いやりが心地よい。
女性読者が読まれたらハニィこと麻美ちゃんがいかにしあわせものであるか体感できるのである。
途中足を痛めるシーンは辛くって思わず目を背けたくなりますが、頑張って読み通しましょう。

次は表題作の「青色チェリー」。
予備校の屋上から隣のラブホテルを覗き見する男女を描いた官能的作品。
個人的にはこの作品は“ブレイクタイム的な作品”だと思っている。
うまく官能的な作品を青春小説的に仕上げている点は称えたいと思う。

そしてラスト、私のもっともお気に入りである「誓いじゃないけど僕は思った」。
男主人公である飯田浩介が印象的である。
中学時代クラスメートだったアツコという女の子に恋した2年間をずっと引きずって生きている。
そのアツコとは7年間会っていない。
主人公の想いは下記の言葉に集約されている。
アツコの中で僕は、昔浜辺で拾った小さなガラスのかけらのようなものでしかないのだろう

まさに心の琴線に触れるという言葉であると言えよう。
よくわかるんだ、主人公の気持ち。
この作品に関しては女性読者よりも男性読者の方がより理解できることは間違いのないところ。
もちろん、豊島さんの作品を読む男女比率は2対8ぐらいであろうから、女性読者に対して、男性の本当の優しさを精一杯表現していると言えばそれまでなんだが・・・
腐れ縁的友人の憲の友情も読ませどころとなっているがこれこそ真の男の友情と言ったらいいであろう。
不器用でどんくさいけど自分の信念を持っている主人公にエールを送りたい。
アツコちゃん、しあわせものだよ、きみは・・・
文庫本の裏に“女の子のための三つのストーリー”と書いてあるが、この言葉に物議を醸したい(笑)
女性作家でこれだけ男性の気持ちを描けるのは驚愕物であると言えよう。

全体を通しては表題作と残りの2編との出来栄えの差が顕著に表れている。
もっとも表題作は娯楽作品、残り2編は心を揺さぶる作品ということなんだろうが・・・

敢えて表題作をリライトしなかったのは作者の大いなる自信の表れであると受け取りたい。
逆に言えば「青色チェリー」を書いたから“豊島ミホという作家が前途を誤ることなく進んでくることが出来た”とも言えよう。

それにしても約3年間のあいだにこれほど成長するものなのだろうか。
私の言ってることが間違いじゃないと信じてもらうために、本作を手に取ることを是非オススメする。

豊島ミホ・・・素敵な物語を書く作家である。

面白い(8)

posted by: トラキチ | 豊島ミホ | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:06 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック