Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
第142回直木賞直前予想。
ノミネート作品
★葉室麟 『花や散るらん』 文芸春秋 (3回目)
★佐々木譲 『廃墟に乞う』 文芸春秋 (3回目)
★白石一文 『ほかならぬ人へ』 祥伝社 (2回目)
★道尾秀介 『球体の蛇』 角川書店 (3回目)
★池井戸潤 『鉄の骨』 講談社 (2回目)
★辻村深月 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』 講談社 (1回目)

ちょっと大胆かもしれませんが久々に予想してみます。
ちなみに全作品未読です(汗)

ただ以前より直木賞に関しては次のように考えてまして結構当たってます。
古くからおつきあいのある方はご存知かもしれませんが(笑)

その作品の良し悪しは4割程度のことで、その作家の今までの功績1割ぐらいと将来性が5割程度問われる賞である。
ということで直木賞は2〜3回目のノミネートが一番受賞されやすい。


そして直木賞イコールではないがほぼ文春賞なのである。
圧倒的に文藝春秋の作品が有利なのである。


サッカーで例えれば
  文藝春秋作品→ホーム
  その他の出版社の作品→アウェイ


ただ,肋し崩れてきたのも事実。
というのはいわゆる実力があっても直木賞落選常連組だった方がほとんど受賞もしくは辞退したため(前者の例 東野圭吾、後者の例 伊坂幸太郎)、 前回の北村さんのように将来性じゃなくって功績で受賞された方が出てきたのである。

ちなみに過去10回のデータは次のとおりです。

第132回〜第141回までの10回中の受賞作品の出版社別の数字です。

受賞作品合計11作品
文藝春秋   8作品   
新潮社    1作品  
講談社        
幻冬舎    1作品  
角川書店     
PHP研究所   1作品
祥伝社  


今回の本命は葉室麟さんと予想します。
道尾さんと同じく3回連続候補ですね。
時代小説である故のアドバンテージがあるような気がします。
というのは偏見かもしれませんが、本屋大賞で時代小説が選ばれる可能性がほとんどないので、逆に選考委員の目も少し緩やかではないでしょうか。

そして前回の北村さん的な受賞で言えば佐々木譲さんにもチャンスはあるのでしょうか、2番手評価としたいです。

業界のセールス的には辻村さんや道尾さんが取れば面白いのでしょうが、道尾さんは先に山本周五郎賞を取ってから文春の作品で受賞という構図のような気がします。
辻村さんは今回は顔見せ的なノミネートだと思います。

そして未読ですがもっとも直木賞にふさわしそうなのが池井戸さんですね。
前回ノミネートされた『空飛ぶタイヤ』のドラマも素晴らしかったし、もっと脚光を浴びて良い作家だと思います。
期待も込めて3番手の評価としました。

本命 葉室麟
対抗 佐々木譲
大穴 池井戸潤
×  白石一文
×  道尾秀介
×  辻村深月


さてどうなることやら。
posted by: トラキチ | 文学賞 | 19:43 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:43 | - | - |-
なんやかんや言われてる直木賞ですがやっぱり楽しみにしています。
僕は今回は白石さん以外はすべて読んでました。
個人的に読んだ中で作品的には池井戸さん→葉室さん→道尾さんだったんですが本命道尾さん対抗葉室さん大穴池井戸さんかなって思っています。。
最初はトラキチさんと同じく葉室さんが大本命(3回連続候補だし、選評を読んでもあがってきてるし版元が文春)だったんですが同じ3回連続候補の道尾さんが作家的には一番旬なんじゃないかなっと。(でも旬な人にあげそこねてるのが今までの直木賞って感じもしますが)
佐々木さんは『廃墟に乞う』しか読んでないんですがなんとなく直木賞って感じがいまいちしなかったので今回は見送りかなって思いました。
なんにせよ14日が楽しみです。
| banchi | 2010/01/13 9:14 AM |
banchiさん、こんばんは♪
私は作品的なことは一冊も読んでないのでわかりませんが(苦笑)、今までの法則で言えばの予想となりました。

そして実は葉室さん、佐々木さん、池井戸さんの候補作の予約を入れました。
受賞後だったらかなりの予約人数になりそうなので(笑)

道尾さんはディープなファンが多いですよね。
『向日葵の咲かない夏』ずっと積んでるので読んでみようかなと思っております。
いよいよ明日ですね。
誰が受賞するにせよ拍手を贈りたいです。

出版不況の真只中、該当者なしは避けたいですね。
| トラキチ | 2010/01/13 6:46 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック