Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
本屋大賞2010ノミネート作品発表&大賞予想。
★ 村上春樹 『1Q84』
★ 夏川草介 『神様のカルテ』
★ 三浦しをん 『神去なあなあ日常』
★ 有川浩 『植物図鑑』
★ 東野圭吾 『新参者』
★ 冲方丁 『天地明察』
★ 小川洋子 『猫を抱いて象と泳ぐ』
★ 藤谷治 『船に乗れ!』
★ 川上未映子 『ヘヴン』
★ 吉田修一 『横道世之介』


上記10作品に決まりました。
既読は『1Q84』、『植物図鑑』、『横道世之介』の3冊です。

本屋大賞の設立の趣旨は次のようになります。
商品である本と顧客である読者を最も知る立場にいる書店員が、企業の枠や日常の利益を超えて交流し、広く一般市民に対して本当にお奨めしたい書籍の情報を啓発する手段として本屋大賞を設立しました。”

過去の受賞作品
△2004年度 小川洋子 『博士の愛した数式』
△2005年度 恩田陸 『夜のピクニック』
×2006年度 リリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
◎2007年度 佐藤多佳子 『一瞬の風になれ』
▲2008年度 伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』
×2009年度 湊かなえ 『告白』

年度の前の印(◎、▲、△、×)は私の本屋大賞の趣旨に合ってるかどうかの評価です。
×印の2作は既に大賞受賞前にベストセラーになっている作品であって効果なしですね。
△印は芥川賞作家(小川洋子)、人気作家(恩田さんと伊坂さん)です。伊坂さんの場合は既にベストセラーに近い売り上げがあったと思いますが作品の内容と直木賞辞退を含めて▲としました。
唯一の◎は佐藤さんですね。作品的にも知名度的にも良かったと思います。

そして今年の候補作(というか候補作家)を上記観点から印をつけさせていただくと下記のようになります。
×村上春樹、東野圭吾、小川洋子、有川浩、三浦しをん
△吉田修一、川上未映子
▲夏川草介、藤谷治
◎冲方丁


最後に取りそうな予想としたら△の2名のどちらかだと思います。
トラキチ予想
本命 吉田修一 『横道世之介』
対抗 川上未映子 『ヘヴン』

お二人とも芥川賞作家ですね。

さてどうなることやら。
posted by: トラキチ | 文学賞 | 19:20 | comments(4) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:20 | - | - |-
トラキチさん、こんばんは

本屋大賞って、単純に本屋の店員さんが
「これ、むっちゃ面白いよー」
と薦める本の多数決だと思ってました。
なので、ここで候補作品をみた時は「しをんさんだ」
と思ったのですが、どうもそういう単純じゃないんですね。
吉田さんは1冊だけ。川上さんも沖方丁さんは未読で、
こうなったら、予想もできず見守るのみです(笑
| なほまる | 2010/01/22 8:50 PM |
なほまるさん、こんばんは♪

確かに投票はかなりの数の書店員の多数決(1位3点、2位2点、3位1.5点)で決まります。
基本趣旨が次の通りなんです。

“「本屋大賞」は、新刊書の書店(オンライン書店も含みます)で働く書店員の投票で決定するものです。過去一年の間、書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票します。”

だから単に「面白かった」だけだったら『1Q84』や『新参者』はすでに売れているので三つの趣旨にあてはまらないのではないでしょうか。
でも得点で決まるので主催者も決まったものは変えれないのですからね(笑)

基本的には“本屋大賞”が決まってから何十万部も増刷して売れるような作品が望ましいんだと思います。
| トラキチ | 2010/01/22 11:18 PM |
こんにちは。はじめまして。
6冊ほど読んでますが、
個人的には「船に乗れ!」がイチバンだと思いました。
「1Q84」より1Q84倍くらい面白いと言ったら
春樹ファンから石投げられるかな・・・。
あと、「横道世之介」もかなり良かったです。
「ヘヴン」は未読なのですが、これから読みたいと思います。

正直、「1Q84」がいまさら本屋大賞とっても、
もうあれだけ売れてしまっているから
新たなセールスには結びつきませんね。

下世話な話、「船に乗れ!」は3巻本だから、
これがベストセラーになれば、書店さん的には一番おいしいですよね。
モチロン内容も最高です!
| 木曽のあばら屋 | 2010/01/24 9:40 PM |
木曽のあばらやさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

あんまり春樹ファンは応援していないような気もしますが、本当に今さらという感じですよね。
BOOK3が出るころに発表と言うのがポイントかもしれません。

藤谷さん、『一瞬の風になれ』の例もありますしね、書店はたしかに美味しいですよね。

結果はどうであれ、ノミネートされるだけでもかなり効果がありそうですね。
是非読みたいと思っております。
| トラキチ | 2010/01/25 9:45 AM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック