Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
2月読了本(読書メーター&評価)&3月予定本。
2月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:2336ページきみ去りしのちきみ去りしのち読了日:02月28日 著者:重松 清
真綿荘の住人たち真綿荘の住人たち読了日:02月26日 著者:島本 理生
僕の明日を照らして僕の明日を照らして2年ぶりの新刊は本当の“優しさ”とは何かを問う中学生隼太の成長物語。テーマはDVなのですが重苦しくなくってジーンと来て暖かな気持ちで本を閉じることが出来ます。平易な文章で最大限の感動を呼び起こす“瀬尾ワールド”、これがある限り寡作でもファンはずっと新刊の発売を待ち続けますよね。それにしてもいろんな愛情がありますよね、いい勉強となりました、そこが他作との違いですね。 読了日:02月20日 著者:瀬尾まいこ
通訳ダニエル・シュタイン(下) (新潮クレスト・ブックス)通訳ダニエル・シュタイン(下) (新潮クレスト・ブックス)読了日:02月14日 著者:リュドミラ・ウリツカヤ
通訳ダニエル・シュタイン(上) (新潮クレスト・ブックス)通訳ダニエル・シュタイン(上) (新潮クレスト・ブックス)読了日:02月10日 著者:リュドミラ・ウリツカヤ
利休にたずねよ利休にたずねよ読了日:02月07日 著者:山本 兼一
廃墟に乞う廃墟に乞う読了日:02月05日 著者:佐々木 譲
読書メーター


2月読了本評価

★ 廃墟に乞う 8点
★ 利休にたずねよ 9点
★ 通訳ダニエル・シュタイン(上・下) 10点 ≪MONTHLY BEST≫
★ 僕の明日を照らして 10点
★ 真綿荘の住人たち 8点
★ きみ去りしのち 9点

計7冊 (年間累計22冊、再読1冊含む)

(内訳)
国内作品5冊(内村上春樹作品0冊)
翻訳作品2冊(内村上春樹翻訳作品0冊)
再読作品0冊(国内作品0冊)

(2月総括)2月は予想もしてたのですが、目標の半分以下で終わりました。
最大の要因はオリンピックですね、私的には“カーリングブレイク”だったと思います。

少ない冊数の中でも内容のある読書が出来ました。
マンスリーベストは瀬尾まいこさんの『僕の明日を照らして』との大デッドヒートを制して『通訳ダニエル・シュタイン』(上・下)とします。
前者は国内作品の良さを、後者は翻訳作品の良さを最大限に生かされた作品ですね。
今の私の読解力でしたら、これ以上難解な作品は無理かもしれませんね。でも内容は最高でした。
惜しくも選ばれなかった瀬尾さんの作品も他の月でしたら余裕でベスト選出だったと思われます。

直木賞作品の『廃墟に乞う』はまさに直木賞作品だから手に取ったのでしょうが、こぢんまりまとまった作品という形容がぴったしだと思います。
佐々木さんの作品は本作で2冊目ですが他の作品も機会があれば手に取りたいです。

『利休にたずねよ』も過去の直木賞受賞作品ですね。こちらは受賞が頷ける内容の作品だと思います。
山本さんの作品は同じ時代小説作家で直木賞作家の先輩でもある乙川優三郎さんよりもエンターテイメント性があって読みやすい作家ですね。

島本さんの『真綿荘の住人たち』も過去の島本作品とは違ったタイプの恋愛小説ですね。
瑞々しさは以前ほど感じられませんが、作風としては幅が出てきたと思います。

『きみ去りしのち』は重松節全開ですね。ただ、読者も重松節を堪能するにあたって心の準備が必要だと痛感しました。

(3月予定)
女子プロゴルフツアーも今秋から始まり忙しくなるのですが一応目標冊数は18冊とします。

◎必ず読みたい
『リテイク・シックスティーン』 豊島ミホ (読書中)
『オレンジだけが果物じゃない』 ジャネット・ウィンターソン著 岸本佐知子訳
『風の歌を聴け』 村上春樹
『1973年のピンボール』 村上春樹
『羊をめぐる冒険』(上・下) 村上春樹
『ボート』ナム・リー 新潮クレストブックス
『鉄の骨』 池井戸潤
『天地明察』 冲方丁
『晩鐘−続・泣きの銀次』 宇江佐真理
『虚ろ舟』 宇江佐真理
『竜の涙−ばんざい屋の夜』 柴田よしき
『太陽のパスタ、豆のスープ』 宮下奈都
『あすなら三三七拍子』 重松清 ≪新刊≫
『オー・ファーザー』伊坂幸太郎 ≪新刊≫

単行本の新刊は重松さんと久々に伊坂さん2冊買います。

◎出来れば読みたい
『グレート・ギャツビー』 フィッツジェラルド著 村上春樹訳 【再読】
『ライオンとであった少女』バーリー・ドハーティー
『エドウィン・マルハウス』 スティーヴン・ミルハウザー著 岸本佐知子訳
『偶然の音楽』 ポール・オースター著 柴田元幸訳
『浮世の画家』 カズオ・イシグロ著 飛田茂雄訳
『いのちなりけり』 葉室麟 【再読】
『花や散るらん』 葉室麟
『泣きの銀次』 宇江佐真理 【再読】
『吉原手引草』 松井今朝子
『食堂かたつむり』 小川糸 
『ふたたびの虹』 柴田よしき 【再読】
『FUTON』 中島京子
『マーシー』 トニ・モリスン

上記以外に島本理生さんの初期の作品再読出来たらと思ってます。
posted by: トラキチ | 月刊読了本&予定本 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:24 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック