Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
書店&寺社めぐり(京都2010/04第1回)
初日に買った本


4月22〜23日1泊で京都旅行してきました。
今回の目的は修復された銀閣寺とそして京都の新刊書店と古書店の訪問です。
2回3回に分けてレポートします。
2008年の京都旅行のレポートはこちらです。良かったら読んでやってください。

まずは初日の22日ですね。
仕事を早目に終えて、淀屋橋まで出て特急に乗りました多分17時50分発だったと思います。

18時50分過ぎに祇園四条に到着下車する。
四条通を河原町方面に歩く。
腹ごしらえということで粋な店も考えたのですが(笑)、ジュンク堂のBAL店の閉店が20時なので書店回らなければいけないので王将かそれともかっぱ寿司か迷いましたが、かっぱ寿司は河原町三条まで行かなければならないので王将の河原町店に入りました。
食べたものは笑わないでくださいね。
餃子3人前に天津飯、酢豚にそしてビール2本。2500円でお釣りが来ました。
ちょっと出来上がり状態で店を出て、河原町通りを北上、BALビルが見えます。

画像をポイントしてください。
ジュンク堂京都BAL店
ビルの5〜8階がジュンク堂京都BAL店ですね。そうです、B1にコミックコーナーもあったような。

この店はじっくり時間をかけて回る店ですが閉店間近のために時間がない(笑)
次に回るブックファーストとは対照的な店です。
本好きの人はジュンク堂支持者が多いんだろうな。
幸せな気持ちにさせてくれる店ですが実際は20分ぐらいしか見れませんでした。
記念にということで洋書を選んだのですが、買おうと思っていたジャネット・ウィンターソンの『オレンジだけが果物じゃない』は翻訳本を所蔵してなかったのでスティーヴン・ミルハウザーの『イン・ザ・ペニー・アーケード』を買いました。
パラパラ読んだところ文体がちょっと難解ですね。訳本なしには読めません(笑)
このレポを書いてる今も、この旅行でお土産すなわち本代をいくら使ったのか把握してないのでちょっと計算できるように記しますね。

ジュンク堂京都BAL店で買った本
★『IN THE PENNY ARCADE』 STEVEN MILLHAUSER (DALKEY ARCHIVE PAPERBACKS) 1376円(1冊目、累計1376円)
ブックファースト京都店
お次は河原町通りを南下して阪急河原町駅徒歩1分のブックファースト京都店へ向かいました。
現状、立地条件では京都一の店だと言えるのでしょう。蔵書20万冊と書いてあります。
この店は他のブックファーストチェーンのご多分に洩れず、お客さんに必要な本や雑誌、いわゆる売れ筋の商品を揃えています。
普段あんまり本を読まない人でも気楽に寄れる敷居の低い店だと言えるのでしょう。
22時までやってるのも魅力のひとつですね。
岸本佐知子訳のトム・ジョーンズの本を一冊買いました。この本は昨年復刊された本です。

ブックファースト京都店で買った本
★『拳闘士の休息』 トム・ジョーンズ著 岸本佐知子訳 (河出文庫)945円(2冊目、累計2321円)

ジュンク堂京都店
そして次は四条通りを西へ(参考までに河原町通りや烏丸通りは南北、四条通や次に出てくる今出川通りは東西です)2〜3分のジュンク堂京都店です。
この店は何回か来たことがあります、1階から入れますし21時までやってます(BAL店は20時まで)。
ちょっと難を言えば、売れ筋の文庫以外は3階まで上がらなければならないところでしょうか。
でも現状徒歩5分ぐらいのところにあるBAL店と結構競合しているような気がします。
村上春樹の新訳レイモンド・カーヴァーの『ビギナーズ』を購入。
新訳というか、新テキスト(完全オリジナル原稿)による訳し直しということですね。
いろんな事情があるようです、また機会があれば詳しく書きたいです。

ジュンク堂京都店で買った本
★『ビギナーズ』 レイモンド・カーヴァー著 村上春樹訳 (村上春樹翻訳ライブラリー)1575円(3冊目、累計3896円)


大垣書店四条店
初日最後は四条烏丸にある大垣書店四条店です。

四条店は京都のビジネス通りと言われる烏丸通りに昨年4月にオープンした店で平日は23時までやってます。
テナントの2階で営業していてワンフロアーです。
大垣書店は京都を中心としたチェーン店で、いわゆる地域密着型ですね。
結構作家のサイン会なども頻繁に行っていて活気のある店だと感じました。
文庫新刊の中島京子さんの『桐畑家の縁談』を買いました。

大垣書店四条店で買った本
★『桐畑家の縁談』 中島京子著 (集英社文庫)499円 (4冊目、累計4395円)

ホテルヴィアイン京都四条室町
そして宿泊先のヴィアイン京都四条室町に到着。ちょうど京都芸術センターの前です。

このホテルはいいですよ。
次回また詳しく書きたいですが料金、サービスとも文句のつけようがなかったです。
四条烏丸から徒歩4分のロケーションもいいですね。

チェックイン後、外出。だいたいチェックインが22時ぐらいでした(苦笑)
烏丸通りをわたり錦小路通りをちょっと入ったところにあるスターバックス(だったと思う)に入りコーヒーを飲み、セブンイレブンで飲み物と夜食を買いホテルに戻る。
そして『善良な町長の物語』を50ページほど読んだところでいつの間にやら夢の中でした。

第2回に続く)

posted by: トラキチ | 書店めぐり | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:12 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/307
トラックバック