Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『きことわ』 朝吹真理子 (集英社)
評価:
朝吹 真理子
新潮社
¥ 1,260
(2011-01-26)

<文章の美しさに陶酔し、そして読者自身の幼少期と現在、そして未来を照らし合わせてみる格好の機会を与えてくれる一冊。>

第144回芥川賞受賞作品。芥川賞作品なので短いですが、じっくりと腰を据えて読まなければ少し難解かもしれません。
というかこの作品の良さがわかりづらいと思います。なぜなら現実と過去の出来事が25年間の歳月を越えて語られるのですが、どこまでが夢でどこまでが現実がわかりにくいからです。
それてにしてもひらがなを多用した文章、作者の気品の高さの表れでしょうか、登場人物も柔らかく感じられます。
夢をみる、みないという表現が作中で使われテーマとなっていますが、私的には貴子と永遠子の四半世紀ぶりの再会そのものが夢を叶えたと読むべきだと思います。
2人を断ち切ったのも、再会させたのも春子なのでしょうね。

内容自体は本当に単純な話です、それを作者が味付けしてるわけですね。
葉山の別荘を引き払うことになって25年ぶりに再会する貴子と永遠子。
当時貴子が8歳で永遠子が15歳の7歳差でこの差がお互いの記憶の差を如実に物語っております。

そして再会の現在、15歳だった永遠子は40歳に。8歳だった貴子は亡くなった母・春子の享年と同じ年になっています。
永遠子の娘の百花が、くしくも25年前の貴子と同じ年齢であるということも物語に影響を与えていますね。



敢えて曖昧というかわかりづらく書くことによって、より幻想的にして想い出を永遠のものとしているのでしょうか。
もっとも印象的なのは再会のシーンですね、挨拶もなく「百足が出た」という言葉で始まります。

だらだらした関係でなく、距離感を保っているところが高貴な雰囲気を作品全体に醸し出しており、読者も身を委ねてしまうんだと思います。
ただし、ちょっと男性読者は入り込みにくいかもしれません。

ラーメンを作る3分を長く感じさせて、25年間という2人のかかわらなかった時間の膨大な長さを読者に示唆しているのでしょう。

正直言って、少し読み取りづらかったのですが、根本的に芥川賞作品に物語性を求めること自体問題があるのだと思います。
作者の独自の世界観を味わい余韻を楽しむべき作品である、それが私なりの結論です。

私的には本作で過去の自分を懐かしみ、そして未来に対して少しですが工夫をすることを教えられた気がします。
それはまるで作中で永遠子が貴子に知らない蓮根の料理法を教え、それを貴子が父親に帰って伝授したように。

言いかえれば、総じて男性読者はその世界観にどっぷりと漬かりにくいですが、ちょっと傍観者的な貴子の父親の立場で娘の幸せを見守りたいと思い本を閉じました。
ちょっと私の感想もわかりづらいですね、作者に感化されたのかもしれませんね(笑)

まあまあ(7)
posted by: トラキチ | 芥川賞受賞作品 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:23 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック