Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『GANTZ』 2011東宝 (DVD)
<累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の前編。共演に吉高由里子、本郷奏多、山田孝之ら人気若手俳優がそろい、「ホッタラケの島」の佐藤信介監督がメガホンをとる。駅のホームで偶然再会した幼なじみの玄野(二宮)と加藤(松山)は、線路に落ちた酔っ払いを助けようとして電車にひかれてしまう。見知らぬマンションの一室で目覚めた2人は、“GANTZ(ガンツ)”と呼ばれるナゾの黒い球体により、異形の“星人”と呼ばれる存在との死闘を強いられていく。>

吉高由里子が出てるということで観たのですが・・・
サードクレジットなのですが、実際の出番は本当に少ない。
実際のサードクレジットは夏菜ちゃんですね。
まあ、この子も可愛いのですが知名度が違いすぎるような、だから由里子ちゃんがサードクレジットなのですね。
役柄は二宮演じる玄野に恋する学生役でセクシーシーンはありません(笑)

普段漫画は読まないので原作との相違点がわからないのですが、玄野(二宮)と加藤(松山)との友情にポイントを置いて観たらそこそこ面白いかも。
それにしても、二宮も松山もともに演技派の部類ですが、アクション俳優と言う感じではないのですが、まあ人気で言えばこの2人のコンビは凄いのでしょうね。
たとえば「マトリックス」のような緊迫感があったかと言えばやはり見劣りするような気がします。
CGはそれなりに凄かったのですが、あとガンツスーツですね。
男性視聴者としたら夏菜ちゃんのガンツスーツ素敵でした。
でも、吉高由里子のを観れると思ったので残念でもありました。

まだ結論付けるのはよくないのでしょうが、二宮・松山ファンには期待を裏切らない作品なのではないでしょうか。
吉高ファンや内容を重んじて観た私は、ちょっとがっかりですがまだ前編なので一応続編も観てからの評価と思います。
posted by: トラキチ | DVD(国内) | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:22 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック