Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『かあちゃん』 (2001日本映画)
評価:
山本周五郎
日活
¥ 3,012
(2002-06-21)

市川崑監督作品。
主演岸恵子。

原作は山本周五郎の短編集『おごそかな渇き』に収められている。原作は50ページぐらいなので話は結構膨らませているが、岸恵子の名演技と脚本の良さで暖かな気持ちにさせてくれる原作に勝るとも劣らずの出来栄えの作品であると言えます。

親の究極の愛情を示した作品と言えますね。
親子でコツコツお金をためている事情からして泣ける話です。
そして泥棒である勇吉を自分の家族のように迎え入れるのですが結構違和感なく受け入れられます。
小説では少し重苦しいのですが映画では長屋の面々がコミカルに演じているので楽しく感じられました。
コロッケが物まねを披露していますし、おさんちゃんが勇吉に対して惚れて行くところも可愛く感じます。

映画のひとつの見どころは勇吉が初めおかつの家族に親切にされることを気味悪がっていたのが払しょくされて心開いて行く過程です。

個人的には日本アカデミー賞受賞の『雨あがる』よりも内容的には勝っていると思います。
ひとことで言えば泣けるんだけど爽やかな作品に仕上がってます。
それは岸恵子演じるおかつが逞しいほかありません。

評価9点。
posted by: トラキチ | DVD(国内) | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:56 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック