Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『ブルックリン・フォリーズ』 ポール・オースター著 柴田元幸訳 (新潮社)
評価:
ポール オースター
新潮社
¥ 2,415
(2012-05-31)

原題"THE BROOKLYN FOLLIES"(2005) 柴田元幸訳。

まず読了後、その心地よさに酔いしれた。その心地よさの程度とは“この本以上の作品を今年は読めないであろう”という程度である。
読者自身、読んだ後ホッとさせられ自分自身が再生された気持ちになるポールオースターのストーリーテラーぶりが堪能できる究極の物語。オースターの作品をコンプリートしているわけではありませんが、何と言っても他作に比べてその会話の楽しさは圧巻ですね。
いろんな過去を背負って生きて来た人が多数登場しますが、そんなに人生に切羽詰まったところがないのですね。
たとえそれが狂信的な人であろうと、なんとなく許せてしまいます。
読者である自分もブルックリンに定住している気分で、近くにオースターが住んでいるような親近感が芽生えます。

そして主人公のネイサン、他の登場人物よりは少なくとも波乱万丈ではなく普通です。
その普通さ加減が読者にとっては入り込みやすいのでしょう。普通幸せって永遠に続かないものだって誰でもわかっていながら、その時々によって今が幸せかどうかさえわからない時があります。 それだけ人間って贅沢な生き物なのでしょう。 一寸先は・・・という言葉通り人生いろんな紆余曲折がありますよね。 本作はいろんな人物が登場し愚行を重ねる群像劇的な作品で、主人公であり語り手であるネイサンは凄く暖かな視点の持ち主です。

だが終始楽天的な話かと思いますがとんでもありません。 何といってもラスト2章です。生を強く肯定しつつも現実の厳しさを味わせてくれます。 読者に対して暗示的な部分が大きくて、必然的に読者は人生楽しくかつ一生懸命に生きなければならないと気付き、物語の中のさまざまなフォリーズ がくっきりと浮かび上がり自分自身の現実と照らし合わせることを余儀なくさせられます。

凄く苦しいのだけど、本を読むことの楽しみを再認識させてくれた有益な一冊となりました。
そしてこの本はフィクションという観念に捉われず、私にとっては現実を突きつけられるのだけど、それに立ち向かう“奇跡”を与えてくれた作品です。

最後に私が言うのも何ですが、柴田さんの名訳素晴らしいです。
特にオースターとは相性が良いみたいですね、早く『オラクル・ナイト』読まなくっちゃ(笑)

評価10点。
posted by: トラキチ | 柴田元幸翻訳本 | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:08 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック