Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『樅ノ木は残った』(上・中・下) 山本周五郎 (新潮文庫)
初出 日本経済新聞 昭和29年7月〜30年4月、つづいて昭和31年3月〜9月に連載、その後講談社より昭和33年に刊行。

(上巻)
いわゆる伊達騒動を描いたものでかなり登場人物が多く複雑で頭の中を整理しながら読むことを余儀なくされます。
主人公と目される原田甲斐だけでなく、それぞれの登場人物の人間ドラマが描かれているところが特徴となるのでしょう。
作者のひとりひとりの人物造形の巧みさが十分に表現されていて読者に伝わり本当に楽しめます。
特に殺された遺族である宇乃姉弟と新八が気になりました。あとは妻の律が不憫でしたね。さあ中巻、どんな展開が待っているでしょうか。

(中巻)
冒頭での甲斐と“くびじろ(大鹿)”と対決がとっても印象深く、甲斐の本性というか人間性への理解を深めるとともに作者のエンターテイメント精神にも頭が下がる思いである。
あと印象的なのは酒井雅楽頭との対面シーンというか対決シーンですね。
それと宇乃です、彼女を本当に大事にしているのが甲斐の大きなイメージアップというかこの小説自体の大きなバックボーンとなっているような気がします。
いろんな人物の思惑が入り混じり、本当に読ませる作品であるのですが、最終的にどういった形で収斂させるのか興味がつきません。いよいよ下巻ですね。


(下巻)
決して難解ではないが登場人物が多すぎて頭の整理が常に必要となる読書であったことは間違いないが、わが身を犠牲にして伊達藩を守り抜いた原田甲斐、その潔さと男らしさの象徴として樅の木(伊達藩)は残ります。
この作品は作者にとってはもっとも長い長編小説であるだけでなく、歴史小説として大きな挑戦を施ししています。
歴史的事実を変えずに解釈を変えたのです。それは悪人だと思われていた原田甲斐を敢えて違った描き方への挑戦です。
時には人間らしく時にはストイックに甲斐を描くことにより大きな感動を読者に与えてくれます。主人公だけでなく個性的な脇役たちが本当にドラマチックで共感しまくりです。
宮本新八・おみや・柿崎六郎兵衛・伊東七十郎・中黒達弥・おくみ、そしてなんといっても上意討ちとして殺された藩士の娘である宇乃ですね。
ラストシーンの宇乃の行動、悲しみと幸せは紙一重であるということを読者に知らしめてくれます。
近年の読書でこれだけ読み終わるのが辛かった読書はなかったような気がする。でも読者より甲斐の方がずっと辛かったのですよね。
読者の人生において必ずプラスになる一冊(三冊ですが)。

(総括)
本作は作者の3大長編(残りは『虚空遍歴』と『ながい坂』)の初めの作品でご存じのとおり代表作と言われている作品で、ちょうど50歳代にさしかかった頃で作者の円熟期の最初の作品と言っていいのでしょう。

作者の力量からしてより人間らしいと言って過言ではない脇役たちのサイドストーリーを読んでみたくなった読者は私だけじゃないはずです。
それぞれが極限状態におかれつつも、葛藤しながら儚いけれども一生懸命生きて行きます。
もちろん、本作品内だけでも十分に満足なのですがどちらかと言えば作者の作品を読まれる方は、光のあたらないというか苦労している人間たちにスポットライトを当てて手を差し伸べる作者の得意技に浸りたいと思うのですね。

この作品の素晴らしいところはやはり、驚嘆すべき忍耐力もさることながら普遍性を持たせているところだと思われます。
手法的には“断章”と呼ばれる兵部側の会話文だけでのパートですね、全部で15場面ありますがこれはとっても斬新で臨場感があり面白かったです。

最後になりますが、“樅の木”は作中においてはたとえば宇乃にとっては甲斐の魂とも受け取れますし、もっと広く考えれば残った伊達藩とも取れると思います。
そして私たち読者の人生においては“大事で譲れないもの”ということなのでしょう。
この作品は私たち読者に大きなヒントを与えてくれた人生観を変える指南書でもあるのですね。

評価10点。
posted by: トラキチ | 山本周五郎 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:59 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック