Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『図書館の神様』 瀬尾まいこ (ちくま文庫) <再読>
初出2003年12月、マガジンハウス社より。
「雲行き」は『鳩よ!』(2002年5月号、マガジンハウス)に掲載。
2009年7月ちくま文庫にて文庫化。

(再読時の感想)

再読。懐かしく読めました。。過去の事件にて心に傷を負い、悩まされつつ海の近くで高校の講師をしている22歳の主人公清(きよ)の再生&成長小説。
瀬尾さんお得意パターンですね。
そしてその心の傷がラスト付近での三通の手紙により主人公の成長と相まって見事に洗い流されます。
その感動的で胸のすく展開が瀬尾文学の真骨頂と言えるのでしょう。。
かつてこんなに心が洗われる小説があったでしょうか。清が垣内君に感謝したように読者が作者に感謝したい気分にさせられます。
なにわともあれ、読者の体内にスッと入り込めるテンポの良い文章が心地よいです。
そして少し自慢話ですが(笑)、作中に出てくる山本周五郎の『さぶ』の話、私自身が詳しく知っているので得意げにニヤリとして読めました。
逆に川端康成の作品などは読んでみようかなという気持ちに強くさせられます。
自然と読者にも刺激を与えてくれる作品ですね。
少し余談ですが、デビュー作の『卵の緒』と本作はマガジンハウスから単行本が出ていますが前者は新潮文庫、本作はちくま文庫ですね。
『卵の緒』は夏の風物詩になっている“新潮文庫の100冊"に選ばれています。本作も新潮文庫から出ていれば選ばれてたのになとファンのひとりとして少し残念に思いました。
文庫版にはボーナストラックとして単行本未収録の短編「雲行き」が収録されています。解説の山本幸久さんの文章も楽しく読めます。私は夏目漱石の『夢十夜』読み返さなくっちゃ。

評価9点。

(初読時の感想)2003年12月21日

まさに、“人生の分岐点となる1冊”なのかもしれません。
デビュー作の『卵の緒』で独自の瑞々しいタッチでその才能を世間に知らしめた瀬尾さんの第2弾ですが、デビュー作以上にその持ち味を発揮してるような気がする。

過去のトラウマや不倫に悩みつつも地方の高校で講師として働く清(きよ)。
顧問となった文芸部において柿内君と知り合い、文学にも馴染む事によって彼女の人生観は変化していく・・・

瀬尾さんの描く主人公ってしっかり物のようで気弱な人物が主流となっている。
本作は浅見さんとの不倫に悩む姿は少しリアルな面もあって、前作(『卵の緒』)より深い踏み込みを感じた。
あいかわらず食べ物の描写のたとえなんかは絶品で、楽しく読めることは間違いのないところだと思う。
主人公の一年を通して成長して行く姿が私にはいいクリスマスプレゼントとなりました。

瀬尾さんのいいところは他の女性作家にありがちな“現実離れしすぎた描写”じゃなくって、“新鮮な発想によってもたらされる瑞々しい描写”だと思う。
誰もがちょっとした気持ちの持ちようで叶うようなことを読者に教えてくれる点は称賛に値する。
あと、文体が溌剌としていて非常に読みやすい点も歯切れが良く好印象だ。

そう、タイトルに図書館って書いてあるけど決して図書館で借りないでいつも本棚に飾って読み返して欲しい作品だ。
本好きな人のというか小説好きな人の考えを瀬尾さんが代弁してくれてるシーンを引用したく思う。

文学を通せば、何年も前に生きてた人と同じものを見れるんだ。見ず知らずの女の人に恋することだってできる。自分の中のものを切り出してくることだってできる。とにかくそこにいながらにして、たいていのことができてしまう。のび太はタイムマシーンに乗って時代を超えて、どこでもドアで世界を回る。マゼランは船で、ライト兄弟は飛行機で新しい世界に飛んでいく。僕は本を開いてそれをする。(本文より引用)


今回は驚くべき感動の結末が用意されている。長編ならではのはからいだ。
最後のせつない手紙にジーンと来た人のすべてが、明日からの前向きな生活を迎えられることを願って書かれたと信じてやみません。

愛する女性がいる人は是非プレゼントしたい作品です。自信を持ってオススメします。
posted by: トラキチ | 瀬尾まいこ | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:31 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/378
トラックバック