Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『中国行きのスロウ・ボート』 村上春樹 (中公文庫)
7編からなる村上氏最初の短編集。発売が1983年5月なので来年でちょうど30年となる。この作品の感想を端的に示してくれる言葉が本文にあるので引用する。“「誰も読まないでしょう。三十年か四十年経っても読む価値のある本なんて百冊に一冊です」”冒頭に敢えて作者より1〜4編目と5〜7編目のあいだには一年近くのブランクがあるいう言葉があり、なんとなくであるが作品としてのバランスと言うか完成度としては差があると感じた。最初の4編はなんとなく作者自身が試行錯誤的というか内容が実験的であるような気がするのである。

しかしながらところどころにいつまでも読者の脳裏に焼き付けられるエピソードがあることも忘れてはいけない。
表題作での女の子を山手線を逆に乗せてしまったことや「貧乏な叔母さんの話」での帽子を取られた女の子のエピソードなど。
喪失感や絶望感を巧みに表現できた「午後の最後の芝生」「土の中の彼女の小さな犬」、そしてラストのもっとも寓話的で楽しい「シドニーのグリーン・ストリート」の3作品からなる後半3編は本当に圧巻で作者ではなく主人公の試行錯誤ぶりが読者に伝わってくる感じが強い。

個人的なベストは「土の中の彼女の小さな犬」。預金通帳を埋めた話のエピソードと主人公が女性に手の匂いをかがせてもらうシーンはドキッとさせられました。

少し余談となりますが短編集『象の消滅』に収められている表題作はリライトされたものらしいです。
ノーベル文学賞受賞出来るかどうかわかりませんが、発表の日にこの作品の感想を書けて幸せに思う。

評価8点。
posted by: トラキチ | 村上春樹 | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:00 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック