Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『あと少し、もう少し』 瀬尾まいこ (新潮社)
評価:
瀬尾 まいこ
新潮社
¥ 1,575
(2012-10-22)

書き下ろし作品。
山深い場所にある市野中学校を舞台とした大きな不安を抱える中学生の気持ちと人と人とのつながりの大切さを謳った駅伝を通しての青春小説の傑作。
本作にて作者は“中学はいくら失敗しても良い場所”という暖かい気持ちのベースに基づき中学生を描いています。

大半の読者が過去のこととなっている中学時代、思い起こせば言いたいことが言えそうで言えない年頃ですよね。
中心的存在と言っていいのでしょう、部長である桝井君のある言葉にはドキッとさせられますが、それに動じない上原先生の見事な教師ぶり、頼りなさげですが数年後は立派な恩師だったと慕われるのでしょう、作者を彷彿とさせられました。
そして皆に一目置かれている桝井君、『図書館の神様』の垣内君とだぶりますよね。きっと作者の理想像なのかなと思います。
各章タスキを繋ぐ順番に一人称で語られますが、レースだけでなくこの駅伝に出場できたことのいきさつにウエートを置いて書かれています
というのはメンバー6人中、陸上部員は半分の3人、あとは寄せ集めなのです。
残り3人のメンバー入りに際して、部長である桝井君が一番苦労するわけです。
もちろんハラハラドキドキするレースシーンも楽しめ、胸を焦がすことの出来る傑作であると確信しています。実はアンカーは私たち読者なのかもしれませんね。
タイトル名のごとく作者から読者に『あと少し、もう少し』と声を掛けられているような気にさせられるところ読書の醍醐味を感じずにいられません。

今年は『僕らのご飯は〜』と本作との2冊上梓され瀬尾さんのファンの人にはハッピーな年だったのだと思います。
中学生の駅伝を描いた本作は高校生の陸上小説『一瞬の風になれ』、大学生の駅伝小説『風が強く吹いている』に見劣りしない出来だと思います。
本屋大賞ノミネート希望。

評価(10)
posted by: トラキチ | 瀬尾まいこ | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:15 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック