Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『ロスジェネの逆襲』 ダイヤモンド社 (池井戸潤)
評価:
池井戸 潤
ダイヤモンド社
¥ 1,575
(2012-06-29)

初出 週刊ダイヤモンド。
オレバブシリーズの3作目にあたり主人公でありバブル世代の半沢が出向先で活躍します。タイトルがロスジェネなのは相方を演じる森山がロスジェネ世代であるということからだと思われます。
ロスジェネ世代の森山がバブル世代の半沢をリスペクトして行く過程も読ませどころのひとつ。
すべてが予定調和ですっぽりと収まってくれるので日頃の仕事の疲れを取るのには本当にオススメします。

現実はある程度は長いものに巻かれなければ生きていけなくて真似はできませんが、小説内の半沢には男として理想的で大きく共感できます。
内容的には企業買収の話で親会社と子会社との関係も面白いですが、個人的にはロスジェネ世代の森山と買収されそうになる東京スパイラルの瀬名社長との友情も素晴らしいですね。
恋愛模様が全然描かれなくてもこれだけ読ませるのは池井戸氏の筆力の高さ意外には考えられません。
まさに働く男たちの背中を押してくれる痛快な一冊。

コンプリートはともかく、主な作品は必ず押さえておきたい作家です。

(読了日11月9日)

評価9点。
posted by: トラキチ | 池井戸潤 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:47 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック