Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『海の見える街』 畑野智美 (講談社)
評価:
畑野 智美
講談社
¥ 1,575
(2012-12-06)

初出esora&書き下ろし。
人気作家を多数輩出している小説すばる新人賞受賞作家の3作目。
個人的に畑野作品はデビュー作に次ぎ2作品目に当たるのですが心地良い青春小説を書く作家だと認識しています。
海が見える市立図書館で働く20代及び30代の男女4人の姿を描いています。
本田さんに松田さんの男性陣、日野さんに春香ちゃんの女性陣、共通点があってこの4人が皆不器用で臆病なのです。
各章それぞれ視点が変わって行く構成が読者を飽きさせず、各自過去を引きずって心に傷を持っているシリアスな面も共感できます。

でも少し松田さんの話は哀しいですね。まあそれも人生なのでしょう。
ちょっと春香ちゃんのことを書きますと、初めは受け付けないなと思われた読者も多かったのだと思われます。
でも最後は愛おしく感じるのです、男性読者だからでしょうか(笑)
この作品は月並みな表現ですが、人を好きになることの素晴らしさを思い起こさせてくれます。
最後に素敵な恋が成就するかどうか楽しみにして読める作品ですがどうなるでしょうか。
本作にて、作者は集英社を離れ講談社から上梓、作者の新たな意気込みが読者に伝わるグッと来る素敵な青春小説だと言えそうです。

(読了日12月26日)

評価8点。
posted by: トラキチ | 畑野智美 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:15 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック