Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『舟を編む』 三浦しをん (光文社)
評価:
三浦 しをん
光文社
¥ 1,575
(2011-09-17)

初出 CLASSY、本屋大賞受賞作品。読み終えた今、強く感じることはこの作品は他作では味わえない充実した読書時間を約束してくれる一冊だと思います。
辞書を作る(作中ではタイトル名の“舟を編む”という言葉を使っています)ことにより情熱と言うものをお裾分けされた気分にさせられます。
そして特に感じたことは、主役のまじめを筆頭とした編纂に携わったすべての人のライフワークとも言える充実した仕事ぶり。
当たり前のように出来ているように思いがちですが、その忍耐力たるものは並々ならぬものであって、そのあたり作者は西岡という普通キャラ(一般人キャラと言った方が妥当かな)を登場させることによってより際立たせることに成功しています。
会社としては適材適所な人事なのかもしれませんが、読者側からしたらやはり天職の人っているものですよねと痛感させられます。
松本さんや荒木さんをはじめ、魅力あふれる人物が脇を固める本作ですが、何と言っても映画では宮崎あおいが演じましたが、妻役の香具矢さんの魅力に取りつかれた男性読者も多いのではないであろうか。
そして少なからず感じ取れるまじめ君の十数年間にわたる人間的成長、間違いなく香具矢さんの支えがあったからということで微笑ましいですよね。本作においてロマンス部分はマイナーなものかもしれませんが、個人的には印象に残りましたので書き留めておきます。

作者の三浦しをんさん、懐の深い作品を書きはります。本作を通して情熱や希望を持つことを忘れてはいけないと言うことを強く訴えているのですね。そして単行本の装丁、一見地味ですが根気のいる辞書作りの大変さを象徴したものだと感じます。
余談ですが、私が持っている国語辞典はかなり古いもので、最近はほとんどネットで代用しています。本作を読み終えた今、新しい最新版の国語辞典を買いたい衝動に駆られている。残念ながら「大渡海」は売っていないので他から選ばねばならない。
どこの出版社の辞書を買うかは、各社辞書を作るにあたって抱いた思い入れの強さを一番感じたものをと思っている。自分なりに少しでも吟味出来るように感じるのは本作を読み終えて得たものの大きさを表していると思ったりしています。
遅ればせながらも、辞書を引くことによって少しでも感性のアップに努めようと思っている、作者が私に与えてくれたミッションだと受け取っています。

評価9点。
posted by: トラキチ | 三浦しをん | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 14:57 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック