Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『夜明けの落語』 みうらかれん作 大島妙子絵 (講談社)
評価:
みうら かれん,大島 妙子
講談社
¥ 1,365
(2012-05-23)

作者のみうらかれんさんは現役の大学生で本作にて第52回講談社児童文学新人賞佳作を受賞しています、大賞を受賞した『よるの美容院』に負けず劣らずの作品だと思います。
大賞作品よりもさらに低い学年の児童、そうですね小学校3〜4年生ぐらいから読める内容かなと思っています。作中には大島さんの効果的な絵が散りばめられていて、大人が読んでも視覚的に楽しめその確かな内容と相まって、読者の背中をグイッと押してくれる作品に仕上がっています。
尚、みうらさんは第2作の『なんちゃってヒーロー』を10月に上梓、この感想を書きながら既に読みたいなという衝動に駆られています。

子供の頃って自分の思ったことを人前で話すのって上手くいきませんよね。ご多分に漏れず主人公の暁音(あかね)も皆の前で話をするのが苦手な小学四年生の女の子。日直を一緒にやった落語好きの三島君に5分間スピーチをやることを免除してもらったことから、彼の落語を聞いてあげることに付き合わされさらには自らも落語を始めます。それによって彼女なりの価値観というか世界観が変わって行きます。一番の読ませどころは親友だった初音ちゃんとぶつかりあうところです。これはほぼ予想通りの展開とは言え、小学生にもよくありがちな話だと思います。作者の素晴らしいところは小学生の子供たちにとっての物事の価値観を的確に捉えて伝えてくれているところだと思います。
暁音がとにかく頑張った結果、彼女の世界が広がったのだけど、それ以前に“人間はいろんな人によって支えられているんだ”ということが大人読者の一人としては伝わりました。その点を子供たちが本作を読んで、少しでもその点を感じるとことが出来たら大きな財産となると思います、自分自身がもし主人公と同じ年代だったら本作のような作品に邂逅出来てたらなと素直に思いました。
スラスラ読めるのでもったいない気がしましたが、今も暁音と三島君と初音ちゃんの3人が落語の練習をしていることをイメージして感想を書いています。インパクトの強い作品、作者に感謝したいですね。

評価9点。
posted by: トラキチ | 児童書 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:25 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック