Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
東京旅行記 (2009/2/12〜13)
さて東京1泊旅行、満喫して来ました。
本日より3回に分けてレポートしたいと思います。
予定は次の通りです。
是非お読みくださいね。
2/12 初日【関空→羽田→新宿→渋谷→青山→渋谷→新宿ワシントンホテル】書店3店レポート(新宿・青山)
2/13 2日目【新宿ワシントンホテル→六本木→神保町→羽田→関空)書店4店レポート(神保町)
2/12 初日 (その夜明け、嘘。)宮崎あおい舞台レポート

画像の上をポイントしてください。

2/12(木)、仕事を11時に終えて関空よりひと駅手前のりんくうタウン駅周辺の1日最大500円の駐車場に愛車を停める。
ご存じの方も多いと思うが、関空は人工島で橋を渡るだけで通行料金1500円かかります。
おまけにそこから駐車料金も割高になってるのでひと駅手前から乗ることにしました。
りんくうタウンホーム

りんくうタウン駅には南海電鉄とJRが乗り入れていてそれぞれ同じホームから乗車することが可能です。
全国的に見ても他に類がないことだと思われます。
理由としては風雨や事故で電車がストップした場合、相互乗り入れして助け合うという配慮があるのですね。
どちらも関西空港駅まで350円です。
これも結構高いですわ。

5分ほどで関空に到着、時計を見れば11時45分、フライト時刻が12時50分なんでホッとする。
関空は以前勤めていたので結構詳しく、ほとんど把握しています。
国内線のJALカウンターにて発券手続きをしました。
関空JALカウンター
平日なんで閑散としております。

荷物をチェックして出発ロビーに入ります。
案内ボードを見ても、以前よりかなり減便されてますね。
関空出発ボード
現在関空→羽田はデイリー7便、伊丹→羽田はデイリー15便です。

今日乗るのはJAL174便でシップタイプはB737です。
ちなみに“B”がボーイング社で“A”はエアバス社ですね。
この2社が現在主力です。
JAL174便

定刻やや遅れて出発、乗客は約6〜7割かな。
ラッキーなことに窓際でそれも隣が空席で楽チンモード。
おまけにCAも結構かわいい。
JALといえば、上戸彩のCAのイメージがあるけど皆さんもっと上品です(笑)

飛行機の上空から見て、特に感じるのはゴルフ場の多さ。
これは本当に目につきますね。
途中でCAがバスガイドみたいに、左手に見えるのは富士さんですってご案内してくれる。
綺麗に見えて少し感激。
その後揺れも少なく定刻少し遅れて羽田着。
東京は去年の7月以来。
今まで10回ぐらい来てるかな。
羽田に着いていつも感じるのは関空との人の数。
当り前だけどこれくらい活気なくっちゃね。
羽田は第1ターミナルがJAL、第2ターミナルがANAに分かれている。
羽田空港案内板
宿泊ホテルが新宿なんで先にチェックインしようと空港降りて京急に飛び乗り(笑)
京急ホーム
半年前は本当に迷ったけど、今回は地理感がかなりありすぐわかりました。
でもこの安堵感があとでえらい目にあいます(笑)
途中携帯でブログチェック、嬉しいことにオススメ本にコメントあり。感謝感謝。
品川で山手線に乗り換え新宿駅到着。
新宿駅サザンテラス口
新宿は人が多いし、出口も多い。
地図を見ながら都庁目指す。宿泊先の新宿ワシントンホテルは都庁の南隣である。
南口で降りるべきをサザンテラス口で降りたために少し時間がかかったがなんとか到着。
東京都庁
東京都庁はすぐ近くだ。
チェックインして室内に入り荷物を置く。
新宿ワシントンホテル室内
13階の部屋で室内もまずまず広い。
早速眠気覚ましにシャワーを浴び、外出。まず目指すはブックファースト新宿店。
新宿ワシントンホテル外観
新宿ワシントンホテル外観
東京都庁第一本庁舎
都庁の第一本庁舎前を通る。オリンピック誘致の垂れ幕が飾ってある。
新宿駅西口まで来るがなかなかブックファースト新宿店が探せない(汗)
ようやく見つけた。店の大きさの割に入口が分かりにくい。
地下街だからだろうか。
ブックファースト新宿店
1090坪、3フロアー。渋谷店を2007年に閉鎖したブックファーストとしたらこの新宿店が主力店なんだろう。
私は探しにくかったが、一旦場所が分かってる人にはかなり便利な場所なんだろうな。
紀伊国屋の新宿店よりは便利かなと思う。
雑誌中心で、店員もかなりルックスで選んでるかなという感じがする。
どことなくTSUTAYAの書店版という感じかな。
明るくて開放的な感じを売りとしている。雑誌の売り上げのシェアが高そうな店だ。
ジュンク堂みたいにじっくり本を探すような店ではないが、お洒落な感じで若い女の子でも気軽に足を運べる店だと言えよう。
四季さんにオススメいただいた『悪童日記』を購入。
四季さんはご存知の人が大半だと思いますが、とっても美しい文章を書きはります。
『悪童日記』 アゴタ・クリストフ
今年は翻訳物復活の年と決めている。何年振りだろうか(汗)
ジェフリー・ディーヴァーもスティーブン・キングもだめだったのに(おいおい)
学生時代はヘミングウェイとフォークナーをよく読みました。
洋書でといいたいところですが、横に常に翻訳本を携えてましたよ(爆)

次に向かうは紀伊国屋書店新宿南店
こちらは“南口”じゃなくって“新南口”ああややこしい。
タカシマヤの横にあります。
全7階でまずまずの規模。
紀伊国屋書店新宿南店
紀伊国屋の特長は参考書類等の多さだろうか。
あたかもブックファーストさんが、“参考書等は紀伊国屋さんで買ってくれ”と言ってるが如く感じるのである。
まあ、老舗としてのプライドがあるのだろう。
店員も良い意味で真面目な感じの人が多い。
でもこのブックカバー何年間そのままなんだろうね。
買った本はまたまた四季さんオススメの『日の名残り』。
『日の名残り』 カズオ・イシグロ
これで四季さんにオススメいただいた全4冊は全部揃えたことになります。
実はこの旅行の供に『停電の夜に』を持ってきたのだが、全9編中3編でストップ。
極度の寝不足で読書の集中力がなくなってきてる感じ。
旅行レポート終わったらまた読みまくります。

次に目指すは青山ブックセンター。
まず新宿に戻らずに代々木から山手線に乗ることにする。
途中でNTTドコモ代々木ビルの横を通るのだがシャッターチャンスを逃す。
このビルとっても大きい(というか高い)です。

代々木から渋谷に移動。
東京の街で好きな街をあげろと言われれば、間違いなく渋谷をあげる。
ここは熱気ムンムンの街で、この年になっても気持ちが若返るのである。
シンボルであるハチ公を前にシャッターを押す。
渋谷駅ハチ公像
尾崎豊の歌を歌うストリートミュージシャンもこの街に似つかわしい。
渋谷ハチ公前交差点
ハチ公前の交差点の熱気は凄い。

時計を見ると17時半。
宮崎あおいちゃんの舞台の入場が18時半だから、ちょうと青山ブックセンターに寄れるなとひと安心。
宮益坂を歩き青山通りへ、あたりもだんだん暗くなってきた。
右手に青山学院大学が見える。その前に本日の舞台が催される青山劇場。
胸の高鳴りを抑えることができない。
青山劇場を通り過ぎ約50メートル。
国連大学とオーパルビルの間を奥に入ったところに青山ブックセンターがある。
青山ブックセンター
実はここは経営再建中でブックオフコーポレーションの傘下らしい。
厳しいね。
特徴はなんといっても写真・デザイン系の本が多いということ。
逆に大型店舗特有の売れ筋雑誌や単行本・文庫の絶対数が少ない。
まあ、いろんなポリシーがあるんだろうけどちょっと苦しそう。
固定客専門かな。サラリーマン向けじゃないね。個人的にはゆったり見れて好きなんだけどね。
品数が少ないので新刊文庫を買う。ブックカバー目当てですね(笑)
『Story Seller』 新潮文庫
これは豪華執筆陣である。旬の作家勢ぞろいといっても過言ではないだろう。
(伊坂幸太郎・近藤史恵・有川浩・米沢穂信・佐藤友哉・道尾秀介・本多孝好)
『Story Seller』 伊坂幸太郎他

青山ブックセンターをあとにしてさてさて青山劇場へ。
このあとの宮崎あおいちゃんの舞台のレポは最終回(3回目)で行います。

ちょっと飛びますね。

午後9時過ぎ、あおいちゃんの舞台の興奮さめやらぬままちょっと放心状態。
満足感と一抹の寂しさで複雑な心境。
とりあえず、腹も減ったしビール飲もうということで渋谷まで戻る。
有名なファッションビル“マルキュー”が見える。
SHIBUYA109

去年の夏に立ち食い寿司の店があって美味しかったんだが、立ってるのも疲れてなんとか回転寿司を見つけ入る。
ビールを頼もうとしたら、ほとんどの人がアルコールなしで食べてる。
なんと貼り紙にお食事は30分以内でお済ませくださいと書いてある。
寿司は回転させ、人間も速く回転させなきゃという気持ちも商売上わからんことないが、少しイライラしてビールを頼まずに8皿食べて960円払って店を出る。

腹はかなり膨れたが、ビール飲みたいが何せ朝3時前に起きてるのでかなり足がくたびれた。ホテルで飲んだ方がいいわということでローソンでスーパードライのロング缶2本とつまみを買う。そしてさあ宮崎あおいちゃんだ“DO 東京メトロ!”ということで地下鉄で帰ろう。
あおいちゃんのポスターをシャッターで撮る。
東京メトロ ポスター 
地下鉄渋谷駅から副都心線で新宿三丁目へ。

新宿三丁目駅を降りたはいいが、ホテルに帰る道に迷ってしまいてんやわんや。
新宿駅界隈は、ターミナルも出口も多くってかなり普段来ない人には辛い。
おまけに暗いしね。

まあ、なんとかホテルに戻る。40分ぐらい駅からかかりました(汗)

ビールを飲んで回ってきたのだけど、今日の出来事が頭から離れずに1時間寝ては2時間起きという感じで翌朝を迎えてしまったのでした・・・・(続く)



posted by: トラキチ | 書店めぐり | 19:12 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:12 | - | - |-
トラキチさん☆お疲れさまでした。
新宿3丁目からじゃ遠かったでしょ、でもホテルに帰れてヨカッタヨカッタ。
行ったことのない本屋さんのブックカバーって、これもまた旅のお土産ですよね。(^o^)/
| Roko | 2009/02/15 8:53 PM |
Rokoさん、こんばんは♪
さきほどレポ完了しました。
最後熱くなってます(笑)

3丁目から迷って、同じところにもういちど出てきた記憶があります。

ブックカバー、本当に安くて貴重なお土産ですね。
| トラキチ | 2009/02/16 8:40 PM |









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/52
トラックバック