Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『昭和の犬』 姫野カオルコ (幻冬舎)
評価:
姫野 カオルコ
幻冬舎
¥ 1,680
(2013-09-12)

直木賞受賞作品。主人公であるイクは決して両親の深い愛情を受けて育ってはいないのですが、その時々によって傍らにいる犬たちによって支えられて生きて行きます。
最終章が現代に近くて昭和の匂いがしなくて戦争の影響を受けた両親の話から高齢化社会を迎えている話まで懐古的あり現実的である。そしてあんまり深読み出来なかったのであるが、イクにとっての犬はその時々につきあっていた恋人のような感じであるとも言える。そう彼女の人生に彩りを添えているのです。
誰しも子供の頃にはわからなかったことが、年齢を経ることによって理解することができますよね、本作ではその自分の成長を振り返る過程に常に犬がいます。ほぼ半生記と言える作品でじわっとした感動は再読の機会があればその時まで置いておこうと思います。

某選考委員の言葉ではありませんが、オリンピック周期のように3〜4年毎にノミネートされて来てた姫野氏が5度目で念願が叶いました。
実は姫野作品は代表作と言って良いであろう『ツ、イ、ラ、ク』しか読んでいなくて大それたことは言えないのであるが、本作を読んで決して感慨深い読書とはならなかった、逆に難解な読書であったとも言える。姫野作品をある程度読まれた読者には集大成的かつ自伝的作品として作者または自分自身を主人公のイクに投影して、愛犬や両親との関わり具合を楽しめるのであろう。もっと言えば姫野さんの他の作品の主人公と比較することも出来ますよね。
しかしながら個人的には細切れ感が否めず、主人公と共に一喜一憂しながらページを捲ることが出来ず、やはり『ツ、イ、ラ、ク』ほどインパクトがなかったというのも事実である。事実と言えば、本作も直木賞を受賞しなければ手に取ることがなかったと思うのであるが、姫野氏の他の作品を数冊読んでから再び本作を手に取ったらまた違った感じ方が出来るのであろうか。犬への拘りがない私には姫野ワールドに入り込めず、消化不良だったのは否定できませんが、昭和の匂いを感じさせ、人生を振り返るには格好の作品であるのは評価したいと思います。

評価6点。
posted by: トラキチ | 文学賞 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:50 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック