Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『象』 レイモンド・カーヴァー (村上春樹翻訳ライブラリー)
評価:
レイモンド カーヴァー
中央公論新社
¥ 1,188
(2008-01)

7編からなる短編集、村上春樹訳。実はカーヴァー作品は数年前に読んだ『ビギナーズ』に続いて2冊目であり、晩年の作家としてピークの時期に書かれているだけあって、胸に迫るものを感じ取ることが出来た。
不倫や家庭崩壊や貧困など重くて不幸な話が多いのが特徴ですが、やはり村上訳なので馴染みやすい文体が功を奏しているような気がします。

圧巻は異色ともいえるラストの「使い走り」でカーヴァーの最後の短編ということでチェーホフの死を題材としている。時代も国も違うけど短編作家の名手ということで恐らくチェーホフのことをリスペクトしていたのでしょう、似たような境遇に置かれた自身をメモリアルな題材でもって綴った心に残る作品であります。
通常、翻訳ものの短編に関してはわかりづらさという部分が出てくるのだけれど、巻末における村上氏による各編ごとの作者の人となりや境遇をも考慮した“解題”により、本作品集がとっても読みやすくなったことは間違いのないところである。少なくとも村上氏の作者に対する想いいれを強く感じることが出来、カーヴァーもっと言えば『1Q84』におけるチェーホフの話など村上作品を読み返すとき、今まで以上に理解力が深まった読みかたが出来そうである。

付け加えるとラストから2編目の「ブラックバード・パイ」もまるでその時の作者の健康状態を知ったうえで書かれたのかが微妙な作品で、夫婦生活の終焉を描いていますが読んでいて凄く余韻の残ります。
総括するとカーヴァーを時系列的に読まれる機会に恵まれた読者にとっては、彼の生涯と合わせて読むことが出来、感極まると言えばオーバーかもしれないが、凄く胸がつかえる短編集と言えそうですね。再読も含めて機会があれば他の短編集にも挑戦したいなと思っている。

評価8点。
posted by: トラキチ | 村上春樹翻訳本 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:21 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック