Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『海賊とよばれた男』(下) 百田尚樹 (講談社文庫)
第10回本屋大賞受賞作品。少しまとめにくい感想となったことをご容赦願いたいと思います。下巻は本作のクライマックスとも言える日章丸事件の模様と鐵造の晩年が描かれているのであるが、事前にイランに交渉に行った正明や武知、タンカーの新田船長、凄いのは鐵造だけではありません。鐵造の情熱が周りの人たちに乗り移ったのでしょう、決して目先の損得に拘っていませんよね。人こそ立派な企業の財産なのです。
本作を通して学んだことは、鐡造の逆境に負けない部分はもちろんのこと、現代風の言葉を敢えて使わせていただいたら“何事にもブレない気持ち”が肝要であるということである。
もちろん、解説の堺屋太一さんじゃないけど、それぞれの立場で言えば外資導入になびいた国内石油会社やセブンシスターズもっと言えば官僚たちなどを決して非難しようとは思わない。
彼らの方がより自分に近い人間に近いとも言える。
鐵造という人物を客観的に見ると、英雄と変わり者も紙一重なのかもしれず、裏を返せば本作自体側面的過ぎるかもしれませんが、小説というのは読者にとって現実を知る機会でもあり夢を見る機会でもある。
少なくとも、鐵造のように利権にとらわれずに生きるのは普通は出来ませんよね。

正義を貫くのは本当に難しいのだけど、常に広い視野と志を持って挑戦して行く姿は読者の脳裡にいつまでも焼き付いて離れません。そして私たち読者は戦争や戦後の復興を違った側面から学ぶ機会も得たが、私たち現代に生きる日本人に欠けているのは愛国心なのだということにも気付いたはずである。
物語全体を支配している実年齢に違わぬ若々しさが特徴である鐵造が年老いてゆくに連れ、少しずつ弱音を吐いて行くシーンが人間らしくって印象的である。
いろんな感動シーンが散りばめられているが、やはり感慨深いのはラスト付近の恩人である日田と前妻ユキの死であろうか。日田なしで国岡商店はあらず、そしてユキの信念なしで国岡鐵造という大きな人物はありません。
物悲しい発想かもしれませんが、離縁を通じて鐵造はより成長したのだと信じたいし、離れてても愛を貫いたのでしょう。
やはり愛にはいろんな形があるのですね、いい勉強となりました。人間にとって時に美談というのは必要である、それに努力が伴っていれば余計に・・・

評価9点。
posted by: トラキチ | 百田尚樹 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:54 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/579
トラックバック