Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『優雅なのかどうか、わからない』 松家仁之 (マガジンハウス)
初出「Casa BRUTUS」。前作『沈むフランシス』の北海道から舞台を東京・吉祥寺に移した作者3作目の作品であるが、前作よりも心地よい読書を約束してくれる出来栄えには思わず胸を撫で下ろした次第である。
その背景として、主人公である匡を出版社勤務の40代後半の男性を据えた点が大きいと思います。まるで作者自身を彷彿とさせる優雅な話の展開に捲るページが止まりません。
ただ作品内には介護問題という現代社会において避けて通れない問題が大きく盛り込まれていて、私たち一般の優雅でない(苦笑)男性読者にとっても考えさせられる作品でもあります。

そして前作と違ったところは主人公サイドから見て恋愛対象の相手が素敵であるところですよね。匡にある時は頼りにし、適度に距離を置こうとする佳奈は男性読者として可愛げがあります。可愛げがあると言えば猫のふみもキャラ立ちしていて少し深読みかもしれませんが、介護問題と相まって命の尊さを謳っているようにも感じられました。
本作の特長でもあると思うのですが、物事をしっかりと静かに受け止めて行くという点が貫かれていると感じられます。古い日本家屋を改造したり、後半は息子の同性愛を受け入れたり、その根底には主人公自身“優雅さ”が漂っているからであると強く感じました。そして元妻との離婚問題についてもあまり語られていないのだけど、読者にとってあまり問題ではない所が作者の凄さだと感じます。

読み終えた誰もが匡にとって元妻よりも佳奈の方が似つかわしいと思われることであると確信しています。何故なら、佳奈とは精神的にも“優雅”であり続けられると感じますから。
少し余談であるが、作中に谷崎潤一郎の逸話や太宰治の玉川入水の場所なども語られていてまさに作者の独壇場です。そして前作同様本作の表紙も斬新で、主人公の好きな女優ミア・フェローの表紙が使われていてインパクトの強い読書となりました。早く次の作品が読みたいです。

評価9点。
posted by: トラキチ | 松家仁之 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:50 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック