Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『傍聞き』 長岡弘樹 (双葉文庫)
評価:
長岡 弘樹
双葉社
---
(2011-09-15)

このミス第二位にランクインした作者の四編からなる第二短編集。表題作が日本推理作家協会賞短編部門受賞作品であるが、他の三編どれもが勝るとも劣らずの出来栄えであり読み終えるのがもったいないような気持にさせられた読者も多かったのではないであろうか。

内容的には専門的職業(救急隊員・刑事・消防隊員・更生保護施設長)についている人の苦悩・矜持・人間らしさを描いていて、前科のある人間に対しての先入観に対してやはり今一度考えさせられる内容となっている。
作者の長けたところは、無駄のない文章の中に散りばめられた伏線を鮮やかに回収するところが、読者にとって快い読後感を約束させてくれます。そしてどの話にも人間の弱さ・儚さに基づいた愛情が垣間見える所が素晴らしいのでしょう。

四編ともタイトル名にヒントが隠されていてるのであるが、個人的には子持ちの女性刑事を描いた表題作「傍聞き」がやはり印象的ですね、これは読んでのお楽しみですが親子の愛情が確認できジーンとなりました。あとは冒頭の「迷走」、ハラハラドキドキ小説を読んでこんなスピード感を味わえるとは作者に脱帽です。

評価8点。
posted by: トラキチ | 長岡弘樹 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:12 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック