Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『一人っ子同盟』 重松清 (新潮社)
評価:
重松 清
新潮社
¥ 1,728
(2014-09-22)

初出「yomyom」、加筆修正あり。昭和四十年代、今よりも一人っ子が少ない時代に生きた小学六年生の男女と小学四年生の男の子たちの物語。
今では一人っ子というのも少なくないけれど、当時はクラスに2〜3人以内だったような気がする。重松読者の大半は重松氏に近い年代の世代だと思われるので自分たちの子供時代を懐かしがりながら、当時わからなかった大人の事情を顧みることが出来る。
兄を亡くした主人公ノブ、母親が再婚して揺れているハム子、そして親が亡くなって親戚に引き取られているオサム、三人それぞれ不幸を抱えているのであるが、やはり実の親が2人揃っているノブよりもハム子やオサムの方が大変だなと思いつつ読んでいたのであるが、重松氏らしい着地点を示してくれるのは流石とか言いようがないのであろう。
ただ、平成の世においてもハム子のような家庭のケースがより多くなっているように感じられ、子供たちの事情をより理解し、暮らしやすい社会の実現を切望したいと思う。

本作はフィクションとはいえ、昭和の郷愁感が漂った作品で重松氏と同年代の登場人物がその後いかに成長し、立派な大人となったのであろうかという気持ちにさせられる。それは昭和を知っている読者にとってはかつて身近にいた三人の仲間に似た彼(彼女)を想い起させるとともに、作中の親世代の人物の気持ちがとってもよくわかったのは時の流れというものであろう。
そしてこれから結婚し、子供をもうけて人生を歩んでゆくお若い読者には本作を手に取って是非人生の予習をしてもらいたい。彼らが今後ぶち当たる辛いことは本作を手にすることによって辛さを緩和してくれるであろうと確信しています。

評価9点。
posted by: トラキチ | 重松清 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:41 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック