Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『新訳 ヴェニスの商人』 シェイクスピア (角川文庫)
河合祥一郎訳。氏の訳されたものは舞台を念頭に置いて書かれているので、生き生きとした言葉が使われていて、頗る快適な読み応えを約束してくれるのが嬉しい限りである。
以前読んだ原書も訳本(新潮文庫版)を片手だったけど、良くも悪くももっと重厚で悲劇はともかく喜劇は馴染みにくかった記憶がある。

四大悲劇が有名なシェイクスピアであるが、個人的には本作も含めた喜劇(といっても4〜5作品しか読んだことがないけれど)群の方が楽しく読めると感じる。
ただ本作は喜劇のジャンルに入るのであろうが厳密に言えば喜劇でもあり悲劇でもあってそこが本作の魅力へと繋がっていると感じる。

舞台はイタリアのヴェニス、ラブストーリーを交えた法廷劇が繰り広げられます。
本作が書かれたのは1597年頃、キリスト教中心に回っていたエリザベス朝時代の風潮が如実に表れていて、現代人にとっては受け止め方が違ってくるのは致しかたがないところであろう。本作におけるユダヤ人シャイロックの取り扱われ方というか読者の受け止め方は400年の間、かなり変わったと信じたい。これは現代読者にとっては教訓的な話となっていると感じる。

逆にもうひとりの個性的キャラであるポーシャは本当にシェイクスピアの生み出した素敵な才女と言え、彼女の下した判決は素晴らしいと言えよう。指輪に関するエピソードがいつまでも脳裡に焼き付いて離れないのであるが、シャイロックに対する受け止め方とは対照的に今も昔も男たちとはこんなものであることは認めざるを得ません(笑)
男たちが不甲斐ないとゆうよりも滑稽であるのが本作のもっとも現代にも通じる普遍性を貫いた部分であろう。一度舞台で見たい胸のすく作品でもあります。

評価8点。
posted by: トラキチ | シェイクスピア | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:54 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック