Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『かつては岸』 ポール・ユーン (白水社)
原題“ONCE THE SHORE"、藤井光訳。1980年生まれの韓国系アメリカ人作家による8編からなる済州島をモデルとした架空の島“ソラ”を舞台としている。
架空の島としたのは、本作には歴史的事実には基づくものの幻想的な要素がかなり盛り込まれているからだと思います。
おおまかに第二次世界大戦から朝鮮戦争の頃の言わば日本占領下における過去のソラ島と、観光産業を軸としている現代とがほぼ交互に描かれていて、読者サイドとしては少し忙しいけれどそこが良いアクセントとなって入り込んでくるのですね。

これは推測ですが、おそらく作者は韓国に滞在したことはあっても居住したことはないのではないでしょうか。それが自分の母国ではないけれど故郷ともいえる国の足跡として残しておきたかったのだと思えます。
読み進めて感じたことですが、同じ苦しみでも現在の苦しみよりも過去(第二次大戦〜朝鮮戦争)の苦しみの方が辛く感じられます。それはやはり過去を経験した人たちが苦しみながらも生き延びてきたおかげであって、その過去というものが読み終えた後ほんの少しですが懐かしささえ感じられました。
秀逸なのはOヘンリー賞を受賞した「そしてわたしたちはここに」で孤児となってソラ島に送られ、その後も看護師として住みついた日本人女性美弥が主人公となっています。彼女が孤児院で一緒だった淳平という男の子に似た患者を献身的に看護するシーンは感涙ものであります。

訳者である藤井氏の作品を今回初めて読んでみたが、穏やかで静謐な訳文は作者の特長を見事に日本語化したと思う出来栄えであった。ニュージェネレーションの翻訳家として今後ますますの活躍が期待される思われますし、少しづつですが藤井氏の訳された作品を読破して行きたいと思う。また楽しみが増えました。

評価8点。
posted by: トラキチ | 白水社エクス・リブリス | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:25 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック