Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『火星に住むつもりかい?』 伊坂幸太郎 (光文社)
評価:
伊坂 幸太郎
光文社
¥ 1,728
(2015-02-18)

書下ろし作品。タイトル名がいささかシニカルにも取れるのであるが、作者の理不尽な社会に対しての挑戦の言葉のように感じられるのであるがどうであろうか。
初期の頃のようなエンターテイメント性には欠けるが、読者に訴えかける部分はずっと増しているように感じられる。
時代は近未来になるのでしょう、強大な国家における暴走する平和警察という正に伊坂作品らしい舞台が用意させられていて読者は引きずり込まれ一喜一憂を余儀なくされますが、ユーモア度よりも重苦しさが漂っているようにも感じられる。

ただしユーモア度の象徴として、平和警察内で真壁という強烈キャラを登場させ読者を和ませます。彼が「正義の味方」を二瓶と追いかける部分が最も印象的であったようにも思えます。
伊坂作品を読む楽しみは、賛否両論あるということを前提としてその中で伊坂作品全体における立ち位置を探ることであると考える。それは他の作家とは一線を画する才能であることを認めたうえで、いかに伊坂は変化してゆくのであろうという思考を重ね自問自答したりまたは読友と語り合う。ああだこうだ、まるで伊坂作品の登場人物のように。

今回も伏線が沢山散りばめられていて、読み終えた今もすべてがスッキリしたわけではないのであるが、多田君と佐藤君の今後の成長を願って本を閉じた人も多かったのではないか。ただ大きな収穫としては組織における自分を見つめなおすきっかけを与えてくれた作品であると言えます。
このあたりは近未来を描いていますがリアルであります。詰め込み過ぎて傑作とは言えないと思いますが、再読すればもっと深みが理解できるかなとも思います。そういった意味合いにおいては今の伊坂さんを出し切った作品であるのかなと判断しています。読者も作家も変化しますよね。
まあ次に床屋に行く時は会話に気をつけます(笑)

評価8点。
posted by: トラキチ | 伊坂幸太郎 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:19 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック