Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『翳りゆく夏』 赤井三尋 (講談社文庫)
第49回江戸川乱歩賞受賞作、今回本作を手に取るきっかけとなったのはWOWOWにおけるドラマ化であるのだが、ご存知の人も多いと思うけどWOWOWのドラマは映画ファンが視聴されるということを念頭に置かれて作られているので地味ながらも良質な作品が多いと感じるし、原作が小説である場合がほとんどで格好の読書の幅を広げる機会となっている。

さて本作であるが、窓際に追いやられた梶という新聞記者が既に時効が成立している20年前に起こった新生児誘拐事件を社命により再び調査することを命じられるところから始まる。それにはわけがあって、誘拐犯の娘が新聞社に内定が決まったのであるが、週刊誌がスクープ記事として取り上げたからである。
まあ20年もたつと世の中いろいろ変わりますよね、主人公と言って良い梶もその当時は普通に記者として活躍していたわけで、当時の担当刑事である井上から大学ノート(備忘録)を預かるところから事件の全容が明らかになってゆきますが、20年前に遡って井上からの厚き信用が梶に対してあったからこそ委ねられたことを忘れてはならない。

もう一人の主人公と言って良いであろう武藤人事厚生局長一家の家庭も複雑で、息子と内定者である比呂子とが知り合いでこちらサイドから物語を眺めるのも結構緊張感があって梶サイドとのバランスがいい感じだと思って読み進めてゆきました。
もっとも印象的なのは、武藤家のお手伝いの千代と比呂子との対面のシーンで思わず比呂子にガンバレっと声をかけました。

個人的に真相は驚愕とまでは言いませんがかなり意外だったと感じますが、他のミステリーファンの方の意見も気になりますが、物語の辻褄はあっていたと感じ楽しめました。
誰が不幸で誰が幸せであるか、本当に紙一重であるということを痛感した読書となりました。東西新聞社社長の男気にも拍手したいですね。

評価8点。
posted by: トラキチ | 現代小説(国内) | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:46 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック