Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『残り全部バケーション』 伊坂幸太郎 (集英社)
評価:
伊坂 幸太郎
集英社
¥ 1,512
(2012-12-05)

初出がラストも書下ろしも含めてバラバラなものを上手く繋ぎ合わせた5編からなる連作短編集。まるでジグソーパズルのような作品ですが、ラストがはまるかどうかは読者に委ねているあたりは伊坂さんらしいともいえる。当たり屋や脅迫という裏稼業をしている溝口と岡田のさりげない名コンビぶりが印象的である。とりわけ溝口に仕えている岡田がとっても人間臭くって、彼の幼少期の話なんかはかなり感動的だともいえる。そして伊坂作品特有のさりげないけれど重大な繋がりを見落としてはいけない。アドバルーンバイトのおじさんが若かりし頃の溝口のはずで、それを見つけてほくそ笑んでいる自分を褒めてやりたい(笑)

個人的には初めの表題作に登場する家族がその後登場しなかったのがなんとも残念である。というのもタイトル名となっている“残り全部バケーション”という言葉が凄く斬新で読者の心に根付いていて、その後の編にも関連性があるのかなとは思いましたが思ったようなひねりがなかったのが残念です。推測ですがラストの食べ歩きブログのサキは冒頭の女の子のような気がしますがどうでしょうか。それ以外の部分では二人の裏稼業に勤しむも憎めない名コンビぶりにニヤッとさせられる展開が待ち受けています。
裏切られたはずの岡田が溝口に対してそういった気持ちを出さない部分が魅力的であり、それが虐待されている子供や弓子先生を助けたりするエネルギーとなっているのでしょう。

この作品の優れたところはやはり時系列がバラバラとなっている点で、そこが読者泣かせというよりも読者が読む気力を助長しているように感じられる。あとはラストでの溝口の岡田に対しての愛情表現ともいうべき描写が印象的で、そういえば途中で抜擢された相棒役は頼りないのが多いですよね。
伊坂作品の中では楽観的でライトな作品となるのでしょうが、各編に表れる登場人物たちのアイコンが可愛く読書の楽しみを倍増させてくれています。初期の伊坂作品を彷彿とさせるお洒落な作品だと感じました。再読すれば新たなる発見がありそうですね。

評価8点。
posted by: トラキチ | 伊坂幸太郎 | 03:58 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:58 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/632
トラックバック