Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『ランチのアッコちゃん』 柚木麻子 (双葉文庫)
直木賞候補の常連で人気作家の称号を得た作者の代表作とも言える作品でドラマ化を機に手に取った。実は作者の作品は3作目で自分なりに女性向けであるとか軽すぎるとかいう留保をつけていたのであるが、本作を読んでテンポの良い展開と適切なキャラ設定に思わず唸らされてしまったということは書き留めておく必要があると感じる。

4編からなるが最初の2編は派遣社員で失恋直後の澤田三智子が主人公で上司であるアッコちゃんこと黒川敦子がメインでふたりがランチを交換(というか三智子の作った弁当をアッコちゃんが食べ、三智子はアッコちゃんの代わりに外食する)する表題作が印象的である。アッコちゃんの知られざる一面(スーパーウーマンぶりと言って良いのであろう)を徐々に知るにつれ三智子が元気を取り戻す過程が共感を呼び読者は元気を貰え背中を押してくれること請け合いである。

一見ほのぼのとしている話でもあるが、随所に散りばめられているリアルな点、たとえば派遣と正社員との違いであるとかあるいはゆとり世代の年代かどうか、あるいは残業問題など、それぞれの立ち位置によってこんなに違うのかということも気づかされる読書となったのであるが、後半の2編に登場する2人の主人公満島野百合と佐々木玲美の存在感も読者にとっては個性的でよりリアルであるとも言える。
とりわけラストに登場するビアガーデンってとっても魅力的であり、社長である雅之との視点の違いがいい勉強にもなった。作者の柔軟性が如何なく発揮された作品集ということで続編もあるということでそれを読まない手はないなという気持ちで一杯である。

連続ドラマの1回目を観たが三智子→連佛美沙子、アッコ→戸田菜穂というキャスティングである。全8話ということで続編をも含めたものとなっているのであろうが、本作で言うところの2人が脇役となって登場する後半の2編がどのように描かれるのかということも含めて楽しみに観たいと思っている。

評価8点。
posted by: トラキチ | 柚木麻子 | 04:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 04:12 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック