Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『停電の夜に』 ジュンパ・ラヒリ  (新潮文庫) 《四季さんオススメ》
評価:
ジュンパ ラヒリ
新潮社
¥ 620
(2003-02)
“本のソムリエール”こと四季さんのオススメ本。オススメ本リストはこちら
<まるで美しい映像の映画を見ているような陶酔感を味わえる短編集。>

まず著者のジュンパ・ラヒリについて簡単にご紹介しよう。
1967年ロンドン生まれ。現在まで本作の他に『その名にちなんで』(新潮文庫)(2004)と『見知らぬ場所』(2008)(新潮クレストブックス)を上梓。
受賞歴は本作に収録されている「病気の通訳」でО・ヘンリー賞、本作でピュリツァー賞とヘミングウェイ賞を、『見知らぬ場所』でフランク・オコナー国際短篇賞を受賞している。
その昔、何カ月も辞書を引きひき訳読したあとで、ついにフランスの小説やイタリアの十四行詩をつっかえずに読めるようになったときも、似たような心地よさがあった。そんな瞬間には、世の中はうまくできている、がんばったらいいことがある、まずいことがあっても結局どうにかなるのが人生だ、と思えたものだ。(病気の通訳より引用)

訳者である小川高義さんの簡潔で美しい訳文が印象に残る。
違和感なく読ませるってその訳者の実力以外のなにものでもありませんよね。

作者の両親がカルカッタ出身のベンガル人で、本作にもインド国内の話2編以外はアメリカで暮らすインド系移民の人々が登場するのが特徴。
私自身、あんまり翻訳本を読まない理由として大きく二つの理由がある(というかあった)
まず、文化の違う人が書いているのでどうしても共感し辛い点。
そして、もうひとつは訳者を介しているので読みにくくかつ読み取りづらい点。

本作を読んで上記2点は杞憂に終わったことに気付いたのである。
前者は作者の力、後者は訳者の力である。
本作すべてに通じることであるが、この作品の素晴らしい点は登場人物のほとんどの背景がアメリカで住むインド系移民でもともと文化が違うのですが、“人間の本質的なものには変わりはない”ということを読者に知らしめてくれているところ。

たとえ翻訳本であれ、文化の違いがあれども、読書の奥行きの深さを陶酔出来る名作であると言えそうだ。

特徴としたら端正な文章という言葉があてはまるのであろう。
あとは一編一編が味わい深くって余韻が強く心に残るといったところ。
“言外の意味を汲み取る”ことができるんですよね、というかそれがこの作家の高い評価の大きな理由であると断言したい。

くしくも、航空機内でこの本を読み始めたのであるが、それはこの作品を味わうのにはかなり場違いであったと後悔している。
流し読みは作者に失礼であって、この作品集はじっくりと心を落ち着かせてコーヒーをすすりながら読むべき本である。

特に秀逸なのはラストの「三度目で最後の大陸」。
他の作品は総じてウィットに富んでユーモラスな部分が目についたのであるがこちらは繊細でかつ感動的。
100歳を超えた老女と若妻の対面のシーンは本当に感動的で脳裏に焼き付いて離れない。
思わず目頭が熱くなった。ちょっと涙腺が脆いのですが(笑)、二度読んじゃいました。
私的には作者の背景等を考慮すると、愛する両親に対するオマージュ的作品とも捉えることが出来たのである。

あとちょっとドキッとさせられる「セクシー」とО・ヘンリー賞受賞作の「病気の通訳」が個人的にはお気に入り。
でも他の編が気に行っても全然おかしくない力作ぞろい。
なんというか、美しい映画9作を見終わった気分に浸れる感覚ですね。
読者が入り込める世界をデビュー作にして放った作者の能力を大きく讃えたいなと思うのである。

ちょっと脱線するけどかなり美形の作家さんです。新潮文庫で買って是非あなたの蔵書の一冊に加えて欲しいなと切に思います。
機会があれば講談社英語文庫でも読めるので原書で挑戦したいなとも思うのであるが(苦笑)

新しい才能高き作家にめぐり合えた時の喜び・・・これだから読書はやめられない。
あなたも是非その余韻に浸ってください。

オススメ(9)




posted by: トラキチ | オススメ本(感想) | 17:45 | comments(6) | trackbacks(5) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:45 | - | - |-
トラキチさん☆こんばんは
わたしは文化の差を読むのが好きなので翻訳ものに余り抵抗がないんですけど、やっぱり大事なのは「訳」ですよね。
この本はその点が素晴らしくて、とてもすっきり読むことができました。
美人のラヒリさんですけど、文章も美しかったですね。(#^.^#)
| Roko | 2009/02/23 9:36 PM |
トラキチさん、こんばんは

タイトルだけみて、
「あーっ、東京が停電になった映画の原作」
と早とちりをしたなほまるでした(汗

レビューを拝見して、確かにコーヒー片手にじっくり読みたいな
と思いました。翻訳ものは苦手なんですけど、これは興味ありますー。
| なほまる | 2009/02/23 9:40 PM |
トラキチさん、こんにちはー。
お気に召していただけたようで、ほんと嬉しいです。
素晴らしい短編集ですよね。しかもこの美貌!
才色兼備とはこういう方のことを言うのですね。(笑)

でもでも、本のソムリエールって!!!
そんなことを仰って頂けるのは
ものすごく嬉しいし光栄なんですが
でもでもでもでも… きゃーっ。(赤面&脱兎)
| 四季 | 2009/02/24 9:17 AM |
>Rokoさん
翻訳本をたくさん読んでる人ほど、訳者のお名前もたくさんご存知でその差がわかると思います。
私の場合は漠然としかわかりませんでしたが、本作の訳者に関しては簡潔で本当に入り込みやすかったですね。要するに、作者の言いたいことを訳者もわかってはるんだと捉えています。
Rokoさんにオススメいただいた本も含めて翻訳本読んでいきますのでよろしくお願いします。

>なほまるさん
コメントありがとうございます。
普段まったく読まなかったわたしがスッと入り込めたので苦手意識払拭のためにも格好の一冊だと思います。
こんなときの新潮文庫って本当に味わい深いですね。ぜひどうぞ。

>四季さん
本のソムリエ―ル、的を射た表現だと思ってますよ。
四季さんのことをご存知な方も、そう思っていただいてますのでご心配なく(笑)

『その名にちなんで』を読んで、映画のDVD見ようと思ってます。かなり楽しみにしています。
ありがとうございました。
| トラキチ | 2009/02/24 8:36 PM |
こんばんは〜TBありがとうございました♪
確かに文化の差異があって理解しずらい箇所もあるのだと思いますが、夫婦のすれ違いを描いた話だとか国籍の違いに関係なく普遍的な題材も描かれていて、そういう点では共感しやすいのかなぁ〜と思いました。(^^ゞ

実は2年くらい前から英語の勉強をのんびりとですが再開しまして、簡単な洋書をちびちび読んでいます。いつかこの本の原書もすらすら読めるようになりたいものです。(^^ゞ
| 板栗香 | 2009/02/25 10:17 PM |
板栗香さん、こんばんは♪
私は国内作品にない奥深いものを強く感じました。

原書で私は5ページずつ読んでます。
このペースだと一か月以上かかりますが(汗)
まあ、それでもいいかな。スラスラ読みたいけどね(笑)
| トラキチ | 2009/02/27 9:36 PM |









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/66
トラックバック
2009/02/23 9:27 PM
停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)posted with amazlet a
Roko's Favorite Things
2009/02/24 6:27 AM
☆☆☆・・  ろうそくの灯されたキッチンで、停電の夜ごと、  秘密を打ちあけあう若い夫婦。  病院での通訳を本業とするタクシー運転...
+++ こんな一冊 +++
2009/02/24 9:02 AM
  [amazon] [amazon] 「停電の夜に」は下でも書いた通り読了済だったんですけど、続けて「その名にちなんで」も読んだので一緒に。 「停電の夜に」は...
Ciel Bleu
2009/02/25 10:04 PM
停電の夜に ジュンパ ラヒリ 初めての子どもを死産してから、どことなく擦れ違うようになった若い夫婦。5日の間夜の1時間だけ住んでいる辺りが停電になると通知があり、停電の間、ロウソクを灯しお互いの秘密を打ち明けていく・・・ 表題作を含む9編が収めら
マロンカフェ 〜のんびり読書〜
2009/03/06 6:26 PM
停電の夜にジュンパ ラヒリ Jhumpa Lahiri 小川 高義 新潮社 2000-08売り上げランキング : 46298Amazonで詳しく見る by G-Tools ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』。 短篇集。 ・停電の夜に 子どもの死産で生活が一変した夫婦が、停電の夜に経験したこと。 ・ピルガタさ
GREENFIELDS